stamp

oneword.: stamp

 真夜中に眼鏡を踏みつけたのは、もう何も見たくなんかない、この世界には見るべきものなど何もない、眼鏡がなければキライな人間のイヤな表情も見なくて済む、しきりに合わせてくる目線にも気がつかなくて済む、そいつの喋る言葉は聞こえてくるけど、その顔に浮かぶイヤな表情やイヤな仕草を見ないで済むだけで吐き気はだいぶおさまるだろう、と思ったからではない。

comments powered by Disqus