図書館、となりのトトロ、四天王寺、たこ焼き (4/18)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 Mijaは月曜日の午前の飛行機で韓国に帰るので18日の日曜日が実質上の日本滞在最終日。この日はボクの恋人は仕事なのでボクとMijaで出かけました。
 昼前に彼女を仕事に送り出してから、少し遅れてボクたちも家を出る。まず、近所の図書館に行って夏目漱石の『吾輩は猫である』を見る。漱石全集の良い本。Mijaはそれを読んだり何か美術関係の写真集みたいなのも読んでいた。ボクはプルーストの『失われたときを求めて』を手に取ってパラパラと読むともなくめくってました。日曜日の図書館には勉強している人がたくさんいた。みんなが何かを勉強している。
 韓国文学の本をMijaと見ていると、見開きで左側がハングル、右側がその日本語訳になっているというおもしろい本を見つけた。これは韓国語の勉強に良いということで彼女のために借りることにしました。日本語訳の韓国文学のうち、いくつか読んだことがあるということだった(もちろん原書を)。Mijaは日本の小説もいくつか読んでいる(『猫』も読んだ)。ボクは韓国の小説をまだ読んだことがない。
 図書館を出て、ボクはコンビニでお金を下ろした。Mijaはお茶を買っていた。それから本町に行ってFreshness Burgerで昼食。タバコの害悪について(英語で)話し合う。
 図書館で満足できなかったのか、書店に行きたいというので梅田のジュンク堂に行くことにした。Mijaは歩くのが好きだというので本町からぶらぶらと大阪の街を歩く。途中で少し足を伸ばして靱公園に寄って花の写真を撮る。ジュンク堂では外国人向けの日本紹介の本を見て回る。結局、Chrysanthemum and the Swordという本をMijaは買った(たぶんこれだったと思う)。新刊本のコーナーでポール・オースターの本に載ってる彼の写真を見てカッコイイと意見が一致した。
 ずいぶんたくさん歩いたので近くのカフェで休憩。ふたりともアイスを食べた。昼ごはんを食べたときにタバコを吸い尽くしてから買わずにいたのだけど、カフェを出たところで買って吸ってしまう。
 それから梅田のどんぐり共和国に行く。Mijaはトトロが好きで2年前もこの店に来たらしい。そのときボクは一緒には来なかったんだけど、あとでトトロの耳かきを見せてもらった記憶がある。トトロのぬいぐるみを買っていた。
 夜にボクの恋人が働いているファミレスに行く計画で、それまでにまだ時間があったのでとりあえず少しでも目的地に近づくようにどこか行くところがないかと考えて、四天王寺に行ってみた。春の静かな夕方にお寺で座って何をするともなく会話することの幸福。何も無いことの満足感。
 四天王寺から天王寺まで歩いて、たこ焼きを食べに行く。ボクはMijaに天王寺は少し危険なエリアだと話す。街角に娼婦が立っているのだ、と。
 目当てのたこ焼き屋には行列ができていた。昔行ったときには無かった2号店なるものが誕生していたのでそっちに移動する。Mijaは、なぜ2号店には行列ができていないのかと尋ね、それを味の違いに還元していたが、ボクは並んでるヤツらはみんな店員がたこ焼きを焼く様に夢中になっているか、あるいは看板の字が読めないのだと答えた。たこ焼きを食べ、他に何か食べたくないかと尋ねたところ焼きそばが食べたいと言うので焼きそばを注文し、ぜひともいか焼きも食べて欲しいなと思っていか焼きも注文する。ボクは黒ビールを飲む。
 たこ焼きもいか焼きもお好み焼きも、基本的な味はソースだ。Mijaはよほどソースが好きなんだろう。
 少し食べ過ぎた感のあるお腹を抱え、天王寺から電車に乗って彼女の職場の近くの駅で降りる。そこからまた数十分歩かなければならなかったのだけど、食べ過ぎでお腹がいっぱいのボクらにはちょうどよかった。
 彼女の職場のファミレスについてもまだボクたちのお腹は減っていなかったのでとりあえずドリンクバーだけを注文し、お茶を飲みながら話をする。そのうちにボクはタバコをやめる決意をし、残っている分を捨てに行った。お腹も少し減ってきたのでエビ好きのMijaはエビチリを注文し、それと北京ダックを食べた(どこのファミレスかバレるな)。
 時間が経って彼女が仕事を終えてボクたちのテーブルに来て、彼女が注文したものをつまみつつしゃべってました。結局、店を出たのは12時を過ぎていて、ボクはすごく眠かった。みんな眠かったと思う。家についてからMijaのデジカメの写真をPowerBookに取り込んでCDに焼く。デジカメのメモリがいっぱいになっていたのでね。
 Mijaはボクと似ている部分があって(似ていない部分もある)話をしているとおもしろい。もっとボクが英語をしゃべることができれば、もっと内容の深いことも話すことができるのだろうけど。それは残念なことです。
 一昨年の夏にMijaが大阪に来て、去年の3月にボクたちは韓国に行きました。そして今回、Mijaが来た。来年はボクたちの番です。

comments powered by Disqus