境界線上

 昨日の朝はいつもより早めに起きたし、彼女を仕事に送り出してからもまだ時間があったのでふとんに入って少し本を読んだりして、それから出かける用意して会社に来て、いつもなら目が覚めて10分後か20分後には電車に乗っていて朦朧としているのを音楽で無理矢理起こそうとしているところが、昨日はそんな感じだったからいつもに比べて調子はすごく良かった。
 ところが、昼過ぎくらいから急に疲れが出てきた。もともと、その前の夜からおなかの具合が良くなかった。昼ごはんを食べて午後の仕事を軽くしていると徐々に頭痛がくっきりと存在感を示しはじめ、右ひざのあたりが抜けるようにだるくなってきた。頭痛とともに頭がぼおっとしてきて、それからやたらとのどが渇くようになった。唇もすごく乾燥していた。これじゃまるで風邪引いてるみたいじゃないか、とボクは思った。
 すごくしんどかったので仕事を早々に切り上げて、マッサージに行っていた彼女を待つ間、スターバックスで甘くて温かい飲み物(カフェモカ)を飲みながら本を読んだ。彼女はすぐにやってきて、家に帰る途中でカルフールによって夜ごはんの材料を買って、家に帰って鍋を作って食べた。それで体は暖まったし、汗もたっぷりとかいた。寝る前にお風呂に入って湯冷めしないように気をつけて寝たら、朝になって風邪は前よりはひどくはなっていなかった。良くなったとはいえないけど、でもひどくならなかっただけでも良かった。
 そんなわけで今日も風邪を本格的に引くか引かないかの境界線上をふらふらと行きつ戻りつしているような状態です。

comments powered by Disqus