Ad Innovator: 新聞大手3社がTopix.netの75%を買収

Quoted from Ad Innovator
Ad Innovator: 新聞大手3社がTopix.netの75%を買収
 10000以上のソースからニュースを集めるアグリげーターTopix.netの75%が、新聞大手Gannett Company,Knight-Ridder Inc. Tribune Companyに買収された。Topixがさらに精度の高いコンテキスト広告技術を提供し、新聞3社の広告価値をさらにあげるとTopixのCEOは話している。

 そういえば、先週末に立て続けに2件、新聞の勧誘員がやってきた。1件目は読売新聞で、玄関を開けて丁重にお断りした(玄関を開けるまで何をしに来た人なのかわからなかった)。2件目は、それから数時間後に来た毎日新聞で、玄関ののぞき穴からのぞくと『毎日新聞』の文字の入った紙か何かを持っていたので、数時間前の経験と合わせて『また新聞の勧誘だな』と思って玄関を開けずに無視した。
 新聞を取らなくなってどれくらいになるだろう……と調べてみたら、かれこれ1年半くらいになるんですね。この間、新聞を取っていないことで困ったことと言えば、たこ焼きをするときに油が飛ぶのでテーブルに新聞紙を敷きたいときくらいでしょうか。仕事柄ほとんど1日中ネットにつながっているので、情報はほぼオンラインで仕入れています。新聞の折り込みチラシを考えると、新聞を取らなくなって近所のスーパーの安売り情報なんかは入手できなくなったと思うけど、遅かれ速かれそれらの情報もネットに載っていくだろうし、メールやRSSなんかで配信すればもっと便利になると思う(いちいちスーパーのサイトを訪れなくて済むし)。
 テレビで見たい番組があったとしても、その時間にテレビの前にいなくちゃいけないのがとても面倒で旧時代的な感じがする。求める情報を好きなときに取り出すことができる便利さは何物にも代え難い。HDレコーダーが売れているのはそういうことだと思うし、テレビCMというシステムが根底から覆されようとしているのではないか。それは旧メディアの限界(終焉)を示しているようにボクには見える(実際にはしぶとく生き残るだろうけど)。
 というわけで、新聞は引き続き取っていません。

comments powered by Disqus