PantherでTigerのDashboardを使う

Amnesty Icon たまにはMacネタを。
 ボクは家でも仕事でもMacOSXを使っていますが、先月末に登場したMacOSX10.4 Tigerは使っていません。ネットで情報を漁ってみてもまだまだ不具合は多いようだし、それにけして最新型ではないマシンで動かしてMacOSX10.3 Pantherと比べて動作が重くならないかという疑念があるからです。
 なので、続々登場するTiger専用のソフトなどをちら見しているのですが、Tigerの新機能であるDashboardをPantherでも一部利用できるようになるソフトが登場しました。 DashboardというのはTigerから搭載されたMacOSXの新機能で、『小粋な単機能アプリケーション、ウィジェットを利用する時に使います』(アップル - Mac OS X - Dashboard)。
 Amnestyをさっそくダウンロードして少し試してみたのですが、機能するウィジェットとしないウィジェットがありました。
 もともと、Pantherの時点でKONFABULATORが同じようなことを実現していました。TigerにDashboardが搭載されるということが発表されたとき、あまりのそのまんまさに少し唖然としたものです。KONFABULATORDashboardのウィジェットに対応すればいいのに(というのは皆が思うことではないでしょうか)。MacにもWindowsにも対応したWidgetがKONFABULATORには大量に提供されています。
 で、結論としてはボクは両方ともあまり使いません。これらは常時起動しておくものとして構想されたと思うのですが、ボクは使っていないものを起動しておくのがどうもイヤなのです。必要なときに必要なものを起動させるのなら、Widget(ウィジェット)である必要があまりないんですよね。

comments powered by Disqus