梅酒造り

梅酒用の梅 仕事帰りにカルフールで買い物をしていたら『自家製梅酒を造ろう』のコーナーがあって、梅と梅酒用のアルコールと梅酒を漬ける瓶が売ってました。彼女が梅酒を造ってみたいというので(彼女のおばあちゃんがよく造っていたらしい)青梅1kgと梅酒用のアルコール1800ml、それから4リットルの瓶を買いました。さっそく、梅の“なりくち”を爪楊枝で取って水に浸けています。ホントは5時間くらいで揚げなければいけないみたいだけど、そんな時間もないのでとりあえず朝まで浸けておいて仕事に行く前に揚げればいいや(続きはまた帰ってきてから)と思っています。
 といっても造るのは彼女の役目なのでまかせています。漬け込めば漬け込むほど良い香りになるそうで、おいしいお酒を飲むために今我慢することができるかどうかを試す指標となることでしょう。
 梅酒ってけっこうな量の砂糖が入っているのですね。そりゃ甘くて飲みやすいはずだわ。

comments powered by Disqus