鶏の刺身

 昨日の夜はMさんと飲みに行きました。
 コンピュータ書の出版社に勤めているMさんが、シスアドの参考書や過去問集を譲ってくれるというのです。ボクが今読んでいるのとはガラッと違って、Mさんが持ってきてくれた本はとても難しそうでした。これが同じ資格試験の参考書なのだからちょっとした驚きです。
 ボクの会社の近くの焼鳥屋で鶏の刺身を食べたのですが、臭みもなくおいしかった。焼き物もおいしかった。料理の味はおしなべてよかったのだけど、店員の言葉遣いがあからさまに今時の若者言葉だったので(はじめて聞かれるのに『〜でよろしかったですか?』、料理を持ってきて『〜の方になります』)それだけが気になりました。でもそれさえ気にしなければおいしい鶏が食べられるので良い店だと思います。
 Mさんとその他数名で10年くらい前に本を作ったことがありました。みんなが原稿を持ち寄って、コピー屋で両面印刷をして自分たちで製本して作ったのです。
 昨日話していて、久しぶりにまたそういうことをやろうということになりました。実は前々から話してはいたのだけど、今回はホントに実現させようと思います。暑い夏になりそうです。

comments powered by Disqus