POPFileからSpamSieveへ移行

 メールアドレスはいくつか持っているのですが、メインにしているのは2つあります。昔から使っているプロバイダー支給のものと、それからグリプラドメインのものと。で、どっちのアドレスにもスパムメールは毎日十数通(数十通のときも)ありますから、家で使っているPowerBookにはPOPFileというメールフィルタリングソフトをどれくらいだろう、けっこう長いこと使っていました。POPFileはPerlで書かれているのでMac OSXでもばっちり動くのです(Mac OSX用のインストーラが用意されているので導入は簡単です)。
 仕事で使っているアドレスにはスパムメールはほとんどこないのですが(露出が少ないせいでしょう)、ちょっと時間があったのでSpamSieveというMac OSX用のメールフィルタリングソフトを試してみました。ボクは家でも会社でもGyazMailを使っているのですが、SpamSieveはGyazMailに対応していて設定も簡単で、動作も軽かったのでこれはぜひ家でも試してみようと思いました。というのも、どうも最近家のPowerBookの動作が重く感じられていて、メールチェックももっさりしているなあと思っていたのです。
 少なくともボクの環境ではPOPFileをやめてSpamSieveにすることでメールチェックの速度はかなり改善されました。POPFileを使わなくなったのでApacheも起動していません。またSpamSieveにはブラックリストとホワイトリストという概念があり、とくにホワイトリストをシステムのアドレス帳と連携させることができるので、簡単に『スパムではない』リストを用意することができます。同じようなことはPOPFileでも手動で出来たような気がするのですが(マグネットとか言ってたような)設定していませんでした。SpamSieveではメールがスパムか否かを学習させるのもGyazMail内で完結できるので、ウィンドウをあちこち移動して設定を完了させる手間もありません。これも(動作の軽快さと合わせて)ボクがSpamSieveを選んだ理由です。
 有料ですが(有料だから)とても快適です。

comments powered by Disqus