MP3の整理とサッカー日本代表

 昨日の夜にHDDが届いたのでさっそくパーティションを切ってやったことと言えばMP3の整理。まずiPodに入れてある物をすべて吸い出して、それからDVD-Rにバックアップしてあるものを合流させました。iPodに入っていた約7,000曲のMP3ファイルを吸い出すのに恐ろしく時間がかかりかつ発熱し出したので少し恐れていたのですが、途中からなぜかスムーズに進行するようになりました。
 iPodをリストアしたのでiTunesにMP3を統合したあとでiPodにMP3を移したのですが、これまで何でもかんでも入れすぎだったので今回はちょっと控えめにしてみました。まあこれから増えていくんだろうけど。でも一箇所にすべてのMP3を集めておくことが出来るようになったので、iPodへのMP3のコピーもやりやすくなりました。
 そうこうしているうちに日本対ブラジル戦の時間になったので暗い部屋でソファに横になって見ていました。まず最初に日本にチャンスがあってでもオフサイドで幻の得点になり、ブラジルに先制されて中村のシュートで同点に追いつき、またブラジルに点を取られて後半もピンチとチャンスを交互に繰り返しながらズルズルと時間が経っていき、終了間際にフリーキックから同点に追いついてロスタイムに入ってからもチャンスがあったのだけど日本は得点することが出来ずに2対2の引き分けに終わった頃には窓の外は明るくなりはじめていました。
 メキシコ戦はともかく、今回のコンフェデレーションズ・カップの日本代表はその前のワールドカップ・アジア地区予選のときとは見違えるくらいの動きとパス回しをしています。柳沢がトップでかき回して、後半に大黒を投入するというパターンも機能しているように思われます。小野がいないということもあってベストメンバーではないのかもしれないけど、加地や福西の成長にも見るものがあるとは思うけど、それでもメキシコには負けたしブラジルにも勝てなかった。決定的なチャンスは何度も作ることが出来ているので、あとは最後にシュートをする人間の正確さ・強さにかかっているような気がする。
 サッカーを見終わってそのままソファの上で寝てしまったので寝不足と共に狭いところに何時間も押し込められていたみたいに体が痛い。

comments powered by Disqus