海水浴のお土産2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 土曜日に須磨に海水浴に行ったのですが、油断していて激しく日焼けしてしまいました。その夜、家に帰って服を脱いでみると背中から肩にかけて皮膚が真っ赤に腫れていて、次の日に火傷の薬を買ってきて塗っていたのですが、薬を塗ると染みるようにヒリヒリと痛くて、これは薬が効いているんだなと思っていました。
 昨日の朝も薬を塗ってもらってから出勤したのですが、昼を過ぎてから急に痒みを感じるようになりました。痒みは一気に背中全体に広がり、ひっきりなしに背中を掻いていないと耐えられないほどに。塗り薬を持ってきていなかったので薬局にオロナインを買いに行ったものの塗ると余計に痒くなって、どうにもこうにもすることが出来ずに会社を早退して家に帰りました。
 家に帰っている間も背中を掻きっぱなし、信じられないほどの痒みに襲われて汗は滝のように流れ落ち、ようやく家に着いたらすぐのシャワーに飛び込みました。浴槽に水を入れて浸かっていても痒みはおさまらないし、火傷の薬を塗ったら余計に痒くなるし、もうどうにも出来なくて家の近所の病院に電話したら皮膚科の先生がいないので診てもらえないというし、ようやく連絡の取れた彼女に痒み止めの薬を買ってきてもらって塗ってもおさまらず、彼女があちこち電話して見つけてくれた病院に行くことにしました。
 車に乗り込んだあたりから、痒み止めが効き始めたのかあるいは少し前に飲んだバファリンが神経作用を幾分緩慢にしてくれたのかわかりませんが、とにかく徐々に痒みから解放されていきました。病院に着いた頃にはすっかり痒みは過ぎ去っていて、彼女としりとりをしながら呼ばれるのを待って、1時間半待って診察は2分くらい、塗り薬をもらっただけでした。

 それにしても、あれほどの痒みに襲われたのははじめてです。激しい痛みの経験は何度かありますが、もしかしたら痒みの方が苦しいかもしれません。痒みに襲われたボクはほとんど狂乱状態だったし、家の中でのたうち回っていました。のたうち回っても痒みはおさまらないのですが、じっとしていることができないのです。とにかく痒いので掻きむしったり叩いたりしていました。そのせいで皮膚がアレルギー反応を起こしたような状態になっていたそうです。
 今朝もシャワーをすると激しく痒くなったのですが、薬を塗って少しおさまっています。痒いのは痒いのですが、のたうち回るほどではありません。でも痒い。

comments powered by Disqus