四月の雪

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 というわけで、早速四月の雪を見て参りました。
 韓国のドラマが新作から旧作まで連日テレビで放映されていたり、映画館やレンタルビデオショップでもドラマから映画までたくさんの作品がスタンバイされていて、またテレビCMによるところも大きいのだけど、近頃は韓国人俳優の顔を見ない日はないと言っても過言ではありません。冬のソナタは熱心に見たし、その他のドラマはきちんと見なかったけど映画館には何度か足を運びました。それでもやはりというべきか、そうだからこそというべきか、ペ・ヨンジュンという人を他の俳優とは異なる何か特別な存在として見てしまう自分がいます。なぜでしょうね。
 この映画もヨン様主演ということで見に行きました。物語については軽く聞いていたし、ヨン様の記者会見やインタビューをテレビで見てだいたいどのようなトーンの映画なのかということは察していました。
 不倫中に交通事故にあった男女それぞれの妻と夫の心の流れが静かに丁寧に描かれている印象を受けました。
 交通事故にあった男女はそれぞれの配偶者に対して何らかの責任を負うべきだと思ったし、ヨン様が妻に男の死を告げたのは、妻の意識が戻ったらどうするか、と質問されたときに冗談めかして答えた『復讐』に他ならないだろう。はっきりとは描かれていないけど、最終的には妻から離れたのだと推測する(引越を匂わせる部屋のシーンや、最後の最後で2人がどこかへ行こうとしているシーンなど)。不倫相手の死を知って泣く妻と同じように、夫もまた妻の不倫によって妻を失っているのだ。だから結婚相手を失ったもの同士が結ばれるのは当然の結果だ、とは言わないけど。
 面白かったのは(面白がってるのはボクだけかもしれませんが)、眼鏡をかけているときのヨン様は物静かで優しそうで柔らかな印象を受けるのに、眼鏡を外して服を脱ぐとその筋肉質な肉体とともに荒々しい男に変貌する、その対比がおかしくてたまりませんでした。まるで満月を見た狼男みたいになるのです。あと、韓国人は昼ごはんをカップラーメンで済ませるときでもキムチを食べるのだなと思いました。他に印象に残っているのは、酔ったヨン様が隣の部屋のドアをノックしていたこと、交通事故の被害者のところへ謝罪へ行く途中の田舎道に電信柱と電線がやたらと多かったことです。そして、実はもっとも印象に残っているのは冒頭の(おそらく妻の事故の知らせを受けて病院へ向かう途中の)車のフロントガラスに雪が舞い降りてくる映像です。

 四月の雪

comments powered by Disqus