打ち上げとBGM、必要と不必要

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 昨日は仕事帰りに同僚と飲みに行きました。今までいくつか案件をこなしてきましたが、これからは可能な限り打ち上げが出来ればなあと思いました。充実した仕事のあとでおいしいビールが飲めるなんて最高じゃないですか。
 梅田のキリンケラーヤマトでビールとカニサラダ(と他にもたくさん)を味わっていたら前の会社の同僚がひょっこり現れたりして最後までわいわい楽しいひとときでした。仕事の話もしたし、良い時間だったと思います。
 今日の昼に梅田の地下街を歩いていたらアコースティックギターをかき鳴らす聞き覚えのあるイントロが。まさかと思ったのですが、Radioheadのこのアルバムに入っているTrue Love Waitsという(比較的レアな)音源でした。しかし梅田の地下街に流れる曲としてこれほどふさわしくない曲は他にないというくらい、串カツ屋が立ち並ぶ地下街には不釣り合いな音楽でした。地下街に流れる音楽の選曲というのはいったい誰が行っているのでしょう。そういえば、最近めっきり行かなくなりましたが昔はわりとよく行っていた家の近所のスーパーでは夜遅くになると激しめのロックが流れていました。その選曲については、実際のところはわからないけど、レジにいる長髪のお兄さんが行っているのだろうと容易に推測できたのですが。
 にしても、レディオヘッドの流れる串カツ屋(それもけして今風のではなく古典的な串カツ屋)というのもなかなか素敵なような気がしてきました。昼に入った立ち食いそば屋には聞いたことのある演歌が流れていたけど、今となってはもうタイトルを思い出せません。

アイ・マイト・ビー・ロング(ライブ・レコーディングス)
レディオヘッド
東芝EMI (2001/11/07)
売り上げランキング: 24,874
comments powered by Disqus