ストレス発散と不甲斐なさにショック

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 この2〜3週間ほど、まともな時間に帰宅したことがありません。もっとも、まともかまともじゃないかという価値判断はそれぞれの立つ視点によって異なってくるので、いわゆる世間の平均的な視点から見て『まとも』な時間に帰宅したことがないということになるのですが、数値化すると、朝9時半に出社して夜11時半の終電に乗って12時過ぎに家に着くという生活でした。ま、たまには10時半とかそれくらいに帰った日もあったかもしれないけど。
 この週末は日曜日だけ休みを取らせてもらって土曜日は仕事でした。それでも限界だったので夜は彼女を連れてカラオケに行ってきました。久しぶりに遊んだという気がしたところです。ホントに仕事仕事の日々で、先週末は東京出張の名残もあって遊べなかったからなぁ。近所にあるカラオケは久しぶりに行ってみると機種が変わっていて、ボクたちが良く歌う洋楽の曲が品薄になっていました。せっかくDavid Bowieを歌おうと張り切っていたのに。仕方ないのでRadioheadとかMarilyn Mansonとか朝まで熱唱してきました。燃え尽きるように帰宅して昼過ぎまで寝ました。久々のストレス発散でした。飲んで歌って叫んで笑って。
 日曜日は近所のスターバックスで彼女が資格試験の勉強をするのに付き合って、ときどきネット越しに職場に顔出したりして(ほんのちょっとだけ)、夜ごはんはちょっとドイツ風にソーセージを焼いたり、あとは和風に焼き鳥と冷や奴を食べました。ビール飲んでストレス発散。夜もいつの間にか眠ってしまってました。
 仕事で同じ案件に携わっている同僚は週末も出社していただいてたので、今日もみんなお疲れ。それでも日中は作業をこなし、夕方に1人早退、定時に1人、打ち合わせ後に1人、というふうにポツリポツリと抜けていく中、ボクは明日のボクに悪いやと思いながら、ホントのところはたんに仕事帰りに彼女と待ち合わせるのに時間があったので作業を片付けただけで、彼女と待ち合わせるべく地下鉄に乗り込んだのですが、不覚にも乗換駅で電車を降りたときにメールを見ようと携帯電話をポケットから取り出して開こうとしたところで手に力が入らずに携帯電話はそのままボクの手をすり抜けて床に落ちそのまま滑ってホームの下に落ちてしまいました。ちょうど、自分が今降りたところの電車が発車するところだったので、すぐそばにいた駅員さんに『ちょっと待って』と言われ、電車が発車すると同時になにやら道具を取りに行ってくれた駅員がマジックハンドのようなものを手にして戻ってきてホームの下で水たまりの中で開いたままになっている携帯電話を拾い上げてくれました。電車にも轢かれなかったし、水たまりもそれほど深くなかったようで不幸中の幸いというか、でもショックでした。自分のあまりの不甲斐なさに。先週は終電だというのに乗換駅を乗り過ごしてしまったり、今日は今日で携帯電話をよりによって地下鉄のホームの下に落としてしまうなんて、この気の抜けようにはショックです。
 という話をしたり、最近出た今の会社での彼女の初ボーナスの明細を見たりしながら、帰り道にあるファミレスで食べて飲んで帰ってきました。帰ってきたらプロバイダが25番ポートを閉じていてメールが送れなくなっていた。あわてて借りてる専用サーバのpostfixの設定を変更して対処しました。

comments powered by Disqus