イングランド対ポルトガル、ブラジル対フランス

 寝る前にワールドカップのイングランド対ポルトガルの試合を見ていたら、ベッカムが足を痛めて交代したり、ルーニーがレッドカードで退場になったりとなかなか騒がしい試合だったのですが、結局イングランドが守りきったという形になるのでしょうか、延長の30分を終えても0-0の同点だったのでPK勝負になりました。結果はポルトガルの勝ち。負けたイングランドのキャプテンであるベッカムが足を気遣いながら試合の行く末を心配そうに見守る姿が何度もテレビ画面に映し出されてました。負けてしまえば次は4年後というけれど、4年経てば確実に4歳年を取るわけだから、次の大会には出られないかもとベッカムが思っていたかどうかは知らないけど、今回が最後かもという思いを持ちながらも途中交代せざるを得ず、なおかつ試合はお互い譲らない接戦ともなればそこに自分がいないことは激しく悔しいのだろうと思います。
 今、ブラジル対フランスの試合が始まりました。ジダンは今回が最後のワールドカップだと明言しているそうです。明日は夕方から予定があるだけなので、今日は夜更かししてサッカーを見ています。準々決勝ともなれば、自分の国がここに参加できるレベルに到達していないことは見ていればわかりますね。

comments powered by Disqus