昔からある場所、MTのプラグインを書く練習

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ワールドカップ決勝戦は、結局同点のまま延長戦に突入するあたりで力尽きて寝てしまいました。3時間強眠って目が覚めると、テレビではイタリアの勝利とジダンの頭突きが伝えられていました。まさかそんなことが起こっていたとは。肝心なところで歴史の目撃者にはなれなかったようです。
 昼休みに久しぶりにある喫茶店に行きました。この喫茶店にはじめてきたのは高校生の時だったでしょうか。高校の先輩にあたるMさんに連れてきてもらったのが初めてだったと記憶しています。その頃は小説を書いたりして、仲間で原稿を持ち寄って本を作ったりしていました。楽しかった。その後も梅田で本を買って読むのに使ったり、仕事帰りに休憩に立ち寄ったり、彼女と来たり友達と来たりとお気に入りの店です。何がお気に入りなのかと改めて考えてみると、高架下なので電車の通る音は時折うるさいし、時間帯によってはけっこう混雑していたりするので静かでゆっくりできるというのでもないし、コーヒーを淹れているのはマスターというよりは大将という外見のランニングシャツを着たバカボンのパパみたいな人だし、こうやって並べるとなぜその喫茶店に行くのかわからないと思われるけど、やっぱり昔から足を運んでいる店が今もまだ存在しているというのは代え難い何かであるのですね。久しぶりに行って、午前中に会社のプリンターで出力しておいたHTML::Templateのマニュアルを読んだりしました。
 9時過ぎに帰ってきてごはんを食べて、シャワーしてから少しMovable Typeのプラグインを書いてみました。といってもオリジナルではなく、3.2までBigPAPIプラグインとして提供されていたプラグインを3.3のTransformerプラグインに書き直す練習をしました。

  • EntryTitleFull.pl
    エントリー一覧のページでエントリーのタイトルが途中までしか表示されないという問題を解消します。元ネタは小粋空間DisplayEntryTitleプラグインです。
  • UpdateEntryPostTime.pl
    新規エントリー投稿画面で文章を書いたりしていると、特に長文になればなるほど、エントリーの投稿日時と書き終えた時間とに差が出来てしまいます。このプラグインで追加されるボタンをクリックすれば、エントリー投稿日時にクリックした時点の時刻が挿入されます。元ネタはUpdateAuthoredOnプラグインです。

 あくまでTransformerプラグインの練習用に書いたものです。オリジナルプラグインではない点をご了承ください。

 MT の管理画面にエラーログが出るという報告をいただいたので修正しました。

comments powered by Disqus