寝不足、京都への移民、客室乗務員の休暇

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 一昨日の夜はなかなか寝付けなかった。日中に風邪の彼女を看病しているうちに自分もけっこう眠ってしまったからだと思うけど、それでようやく眠りに落ちたのは5時頃だった。8時過ぎに起きたので約3時間の睡眠。
 朝から眠かったけどそれでも昼過ぎまではなんとか踏ん張ったものの、夕方くらいにスピードが落ちだし最後にはとうとう1行もコードが書けなくなったのでやることはたくさんあったけど帰ってきました。以前に東京本社に勤めていたFさんが会社を辞め京都で大学に通うことになったのだけど、週一くらいで大阪の仕事を手伝ってもらうことになり昨日が大阪への初出社の日でした。来週くらいに一度飲みに行きましょうかね。
 そんな昨日の夜は気分の悪いことがあり、次の日の今日もまるでそれを引きずるかのように悪い出来事の連続でした。そんな中で仕事がはかどるはずもなく、そもそもここで言うすべての悪い出来事とは仕事の上でのことなのだけど、まったくもって楽しくない1日だった。たぶん他の人にとってもそうだったろうけど、ボクだけが一足早くこの悪い風に昨日の夜から巻き込まれていた。ただもう午前中に怒りを通り越していたので感情が起伏することはあまりなかったけど、怒りは重層低音のようにずっとそこにあり続けた。いつものようにふざけ合ってもそれを消すことは到底不可能な相談だった。いつまでも砂漠に水をまいてまわるようなことはしていられない。
 仕事からの帰りに彼女から電話があって、アシアナ航空で客室乗務員をしている友達の韓国人が旅行で大阪に来ていて梅田で飲んでいたので少しだけ顔を出してきました。友達には数年前に大阪で一度会ったことがあるのです。友達は同僚の人と一緒に来てましたが、それぞれ(どちらがどちらかわからないけど)ニューヨークとフランクフルトから帰ってきてそのまま大阪に来たとのことでした。もちろんそういう仕事だからそりゃそうなのだけど、なんだかすごい。でも考えるだけで大変そうな仕事だから実際はもっともっと大変なのでしょう。彼女たちは大阪のビジネス街のビジネスホテルに泊まっていて、明日は心斎橋とか難波とか大阪城とかまわるそうです。明後日の夕方くらいに帰ると言ってたけど、飛行機の時間を2つのどちらでも良いと言っていたのはたぶん勤めている航空会社の便だからなのでしょう。旅の目的は休養とショッピングと食べることだそうです。良いですね。大阪を楽しんでもらえればと思います。

comments powered by Disqus