真夜中の花粉

 同僚の方が火曜日くらいから鼻をぐずぐず言わせていてどうも花粉症だと言うのだけど、同じく花粉症持ちのボクにはまったく症状が現れていなかったので、俄には信じがたかったということはもちろんないのだけど、それでもとりあえずは花粉症って2月やったっけと疑問を抱いてしまうのだった。

 初めて花粉症の症状が出たのは10代の終わり頃だったでしょうか。もう10年以上前のことになるけど、その頃、とんでもなく暑い夏の年があったのを記憶しています。琵琶湖の水面が史上最低ラインにまで下がったとか騒いでいたような。その翌年に見事に花粉症デビューしたのでした。

 同僚の方は昨日の夜、花粉症の症状でよく眠れなかったそうです。花粉症の薬なんて常備しているわけもなく(少なくともボクは常備していない)、今日になって薬を飲んで今度は眠気に困っているようでした。
 そういえば今朝少し鼻がぐずぐずしていたのと日中どうも目が痒かったのですが、鼻の方は朝方だけだったし、目の方はホントに花粉のせいなのか伸びた髪が目にかかっていただけなのか怪しいところです。いずれにせよ仕事中は大事に至ることなく、いつものように11時くらいに帰ってきました。
 さすがに連日の疲れがたまっていたので今日は家に帰ってから仕事も勉強も遊びもしないと心に決めて寝ることにしたのですが、低周波治療器で体中の疲れをほぐそうというささやかな試みと共に眠ろうとしたその瞬間にくしゃみ。鼻もぐずぐずしだしてきました。仕方ないのでとりあえず空気清浄機を花粉モードにしたのだけど、すっかり眠るきっかけを失ってしまったので仕事のメールを書いたりこうしてブログを書いたりしています。

 最近楽しいことがないなあ。再来週あたりに東京に行く予定。再来月も行かないといけないし。

comments powered by Disqus