さくらんを見てきた。

 だいぶ前に彼女が映画さくらんのチケットを買ってあったのをこれまで見に行きそびれていたので、大阪では(たぶん)最後の上映になると思われるこの週末、心斎橋まで見に行ってきました。一般的な評価はよく知りませんが、身近な人の感想を聞いたり、はたまたとある映画館では上映期間が当初のものより大幅に短縮されたとかいうようなことを聞いていたので、『あまりおもしろくないのかな、きっとそうに違いない』というようなまったく根拠がないわけではないけどはたしてそれを根拠にして良いのかわからないような、そのような気分がいつの間にか自分の中に醸成されていたのでした。
 それはそうと、心斎橋にあるその映画館に行くのは随分と久しぶりのことでした。最後に行ったのがいつか思い出せないけど、心斎橋のその辺り(アメリカ村)に足を運ぶのも久しぶりだった。御堂筋を挟んで反対側にはたまに行くことはあったのだけど。昔は正月にタルコフスキーの映画を見に行ったりしたなあ、その帰りには地下のビアホールで1人でビールを飲んだものだなあと懐かしく思ったりして。

 夜遅くに一度だけの上映だったので、念のためまず先に席だけ取っておきました。評判が良くないと思っていたから、席が埋まることはないだろうとどこかで思っていたのだけど、もしかしたらボクたちのようにチケットを買ったままこれまで見逃していた人たちが近畿中からどっと押し寄せるかも知れないと危惧したのです。もちろんそんなことが起こるわけはなかったのですが、ふたを開けるまでは確信できなかったのです。
 夕方くらいに席を取ってから(整理券の番号は1と2でした)、難波まで歩いて用事を済ませてから韓国料理屋で食事をしました。前日の金曜の夜に鶴橋に焼き肉を食べに行ってこれがもうめちゃくちゃおいしかったのですが、そのときにユッケジャンスープも頼んだのだけど、2日続けて同じようなもの(スンドゥブチゲ)を食べてしまいました。ボクはだいたい辛いものを食べると汗がどっと噴き出てくる体質なのですが、このときもご多分に洩れずどっぷりと汗をかくことになりました。新陳代謝が良くてうらやましいと言われても、辛いものを食べるたびに汗だくになるのはなかなかめんどくさいものです。難波の地下街にあったりしてあまり期待はしていなかったのですが、料理はとてもおいしかったです。彼女によると、厨房では韓国人の調理人が料理を作っていたとのことでした。
 食事に思ったより時間がかかってしまって映画館に着いたときには上映時間を過ぎていたのですが、中に入って席に着くとちょうど宣伝が終わったところだったので映画は最初から見ることが出来ました。チケットを買ったまま見そびれていた人は近畿圏にはそれほど多くいなかったようです。
 映画はそれほど悪く無いじゃないかという印象。みんな(というのが誰を指しているのか書いていてわかりませんが)この映画の何をもってそれほどの酷評に至っているのかなあと考えてみたり。

  1. 土屋アンナの演技が良くない。
  2. 椎名林檎の歌が前に出すぎている。
  3. 繰り返し映し出されるモチーフがうざい(金魚にこめた意味は分かったから!)
  4. 主役級3人の肝心なところは映されないのに、風呂場のシーンではこれでもかというくらいにその他の方々の肝心なところが映し出される。

 ボクは2と3が気になりました。彼女は1を主張していた。
 いずれにせよ、そんなにひどくはなかったと思いましたが見る前にだいぶハードルが下がっていたからかもしれません。

comments powered by Disqus