おいしいうどんと極楽浄土

 連休明けの一週間はあっという間に過ぎ去っていきました。あまりにもあっという間過ぎたのでその期間に何が行われ自分が何を行ったのかをほとんど思い出すことが出来ません。まあ大げさに言うとそういう感じになるわけです。実際にはアイスクリームの日にアイスクリームを食べたり仕事したり仕事したり終電逃したり夜中にTSUTAYAにDVD返しに行ったりしたわけです。そういえば、連休最終日の5月6日は昼からカラオケ屋さんで酒飲んで歌いました。

 連休明けの一週間が過ぎ、土曜日は昼から韓国人の友達家族と四天王寺に出かけました。天王寺で待ち合わせるのが困難だったので(彼らも不慣れだし、ボクらも不慣れだったから)途中の駅で待ち合わせてから天王寺に向かいました。ボクの同僚から四天王寺の近くに美味しいうどん屋があるとの情報を得たので、友達家族も昼食がまだだったので(ボクたちは寝過ごして起きたのがギリギリだったからもちろん昼食はまだでした)食べに行きました。喜久三亭というそのうどん屋に行くのは初めてでした。少しだけ待たされて席に着く。ずっぽうどん、というのが名物らしいのでボクは天ぷらのついた天ずっぽうと、他のみんなはずっぽうどんとかぶっかけとか頼んでました。天ぷらを揚げるのに時間がかかるのかボクの頼んだのが出てきたのは最後でしたが、うどんがとても美味しかったです。ヨンスンさんはいつも『何を食べよう?』というと『そば』と答えるくらいそばが好きみたいなのですが、このときもうどん屋に行くと言ったらそばが良いと言ってたみたいです。でもこのうどんは気に入ったみたいでした。『カレーうどんが嫌いです』と言ってましたね。

 おいしいうどんでお腹を満たしてから四天王寺に移動。ボクたちも足を運ぶのは久しぶりでした。何年か前の夏に来た万灯ロウソク以来かもしれません(万灯ロウソク - greenplastic.net)。子供が鳩を見て喜んだりしているのを見ながらぶらぶら歩いていたら『極楽浄土の庭』の看板が。あまり期待せずに入ってみて何気なく受付でもらったパンフレットを開いてみると奥に庭が広々と展開されているのを発見。実際に庭に入ってみるとそれはなかなか良いものでした。人も少ないし静かで緑も多く水の音も聞こえてくる。年間パスポートが存在するのもなんとなく納得できました。家が近かったら年間パスポートを購入してたかもしれません。極楽浄土の庭の池には魚や亀がたくさんいました。
 庭をあとにしてから休憩所で少し休憩して天王寺駅に向かい、梅田で友達家族と別れました。ボクたちは梅田で買い物を済ませ(ボクは書店でMASHUP++を、彼女はヨドバシで母の日のプレゼントを、そして自分たちに音波歯ブラシ)帰宅しました。
 夜中にDVDでメゾン・ド・ヒミコを見ました。田中泯が出てましたね。おもしろかったです。

comments powered by Disqus