週末の出来事

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 会社を辞めて時間が出来ちゃったので毎日飲み歩いています。
 金曜の夜は彼女と天満橋のインド料理屋に足を運びました。京橋にも姉妹店があるらしく、彼女は京橋の店には行ったことがあるとのことでしたが天満橋の店に行くのは2人ともはじめてでした。仕事帰りの彼女とシティモで待ち合わせをして書店をぶらついたり無印でシャツを買ったりしました。シティモは前の前の会社が近かったので何度か足を運んだものでしたが、まだ生き残っていたとは。いつ行っても客足が遠のいている感じがしていていつ潰れるんだろうと思ってたのですがね。この日も消して客足は集まっていないようでした。
 アルナーチャラムというそのインド料理屋は大通り沿いにあってすぐ見つかりました。店に入ってテーブルについて料理を選ぼうとメニューを見ながらあれこれ悩んでいたのですが、結局オーダーバイキングと飲み放題(制限時間2時間)を頼むことにしました。トマトのスープとグリーンサラダ、香辛料を付けて焼いた魚にカレー2種とナン2種をいただきました。料理はどれもおいしくてこのオーダーバイキングはなかなかお得だと思います。特にナンがおいしくてカレーを付けずに食べても大変おいしかったです。
 お腹いっぱいになって帰ってきてからもうずっと見てなかったグエムル-漢江の怪物-を見ました。折しも、家の最寄り駅に着いた途端に雨が降り出し(彼女が天をバカにした発言をした途端にです)、映画を見る頃には外は大雨と雷の連続という天候でしたが映画の中でも同じような天候の場面がありました。そもそもどうして一番最初に薬品を捨てさせたのかがずっとわかりませんでした。すべてが実験みたいなものだったのでしょうかね。しかし淀川からあんな生物が飛び出してきたらイヤだなとは思いました。

 土曜日は夜に学生時代の友人と難波で飲みました。それまではずっと家にいて、昼下がりにミュンヘンを見ました。あれだけ人を殺しておいて(あまり手際よくも見えないし)よく見つからないなあと思ったり。特に入出国関係の履歴はどうなってるんでしょうかね。しかしところどころボクの実感を越えたところ(想像力で受け止めるしかないところ)があって、特に自分の国を取り戻すというような会話のくだりは(当たり前だけど)実感を持って受け止めることは出来ませんでした。ただ何か迫ってくるものを感じたので、それが幻想でないかどうかをまず検証してから中身にあたらないといけません。
 夜の飲み会は難波のイタリアンバールで行われました。とある理由でプレゼントをいただきありがとうございました。とにかくひたすら飲みながら Google と Ruby の話をしていたような気がします。携帯電話の電池が切れるまで飲んだので帰りはタクシーでした。ワインが何本空いたのか覚えてすらいません。

 日曜日は昼から彼女の妹と彼女と3人で本町で会いました。フレッシュネスバーガースターバックスをハシゴして話し込みました(報告と相談)。彼女が6時半からフットケアの予約を入れていたのでじゃあボクもと(フットケアではなく)別のマッサージ屋に予約を入れて彼女の妹は帰っていきました。そのマッサージ屋さんには何度も行ったことがあって気に入っていたのですが、いつも施術してくれていた方がいなくなってからは足を運んでませんでした。今回は誕生月の割引券があったので行ったのですが、正直あまりよくなかった。前に施術してくれていた方は体を押さえながら具合をはかって適したマッサージをしてくれていたのですが、今回は(他の多くのマッサージ店と同様)もう最初からどのようなペースで進めていくかが決まっているような施術だったのです。けして力が弱いとかじゃないんだけど、さすがにマッサージしてもらってるその瞬間は気持ち良いけどあとに何も残らないようなマッサージでした。
 フットケアの終わった彼女と合流して、インドネシア料理の店で夜ごはんを食べて帰ってきました。インドネシア料理の店は店員がみんなインドネシア人(たぶん)でみんな日本語が片言でした。味は本格的でおいしかったです。

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2007/01/26)
売り上げランキング: 22509
ミュンヘン スペシャル・エディション
角川エンタテインメント (2006/08/18)
売り上げランキング: 4107
comments powered by Disqus