後遺症、読んだ本、聴いてる音楽、読んでる本。

 先週半ばにここ数ヶ月間、文字通りかかりきりだった仕事のもっとも高いと思われるピークをなんとか乗り越えることが出来たのでそれ以降少しはまともな生活を送れるようになったような気がします。もっともピークを乗り越えるために払った代償は大きくて、その後遺症がいまだに残っていてどうにもしっかりとした睡眠を取ることが出来ません。寝る間を惜しんでまでこれほど仕事をしたのは人生ではじめてのことでした。
 そういうわけで、この文章を書いている今は代休を取って大阪の妻の元に帰ってきています。明日の金曜は妻はもちろん仕事なので、久しぶりにひとりで大阪の街をぶらぶらしようかなんて考えてますが、こんな時間まで起きているのではたしてどうなることやら。

 それはそうと、先々週くらいにあまりかん。を読みました。文学関係では小説家の書いた本(小説でもエッセイでも)以外はあまり読まないのですが、高須光聖という放送作家の人の書いたこの本は読みました。といってもこの本が出版されてベストセラーになったのはもうずいぶん前のことだと思います。ダウンタウンの松本人志とこの高須光聖が毎週やってる放送室というラジオをもう何年も毎週欠かさず聞いているのであまりかん。に書かれているエピソードの大半は聞いたことがあったのですが、それでもこうしてまとめられたものを読むとその異様さに圧倒されるし、そして著者がなぜこの本を書いたのかというそもそもの動機とこの本を書くことによって何をしたかったのかということは(ホントのところはわからないけど、書かれている範囲では)至極納得の出来るものでした。でもまあともかくとんでもなくおもしろい内容なので未読の方はぜひ読んでみてください。自分の子供の頃を思い出してみてもこんな子供はまわりにはいなかった。

 それから Radiohead の新譜も出ました。In Rainbows はメールでダウンロード先のURLが送られてきて、クリックしたらあっさりと zip ファイルがダウンロード出来ました。解凍して iTunes にコピーしてそれでもう聴くことが出来るのだからすごいものですね。音楽はやはり Radiohead らしいバラエティに富んでいて、トム・ヨークのソロアルバム The EraserOK Computer 以降の要素が曲によって見え隠れするという感じ。ツアーもすると言ってるらしいので絶対に日本にも来てもらいたいものです。今度は全公演制覇することが出来るかな。

 今は村上春樹の走ることについて語るときに僕の語ることを読んでいます。めずらしく今まで書いたことないようなことまで書いていますね。しかしまあこのような健康的な生活にはたいへん憧れてしまいます。簡単じゃないでしょうけど。

あまりかん。―尼崎青春物語
高須 光聖
ベストセラーズ (2007/04)
売り上げランキング: 22740
The Eraser
The Eraser
posted with amazlet on 07.10.19
Thom Yorke
XL (2006/07/11)
売り上げランキング: 21013
OK Computer
OK Computer
posted with amazlet on 07.10.19
Radiohead
Capitol (1997/07/01)
売り上げランキング: 979
走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹
文藝春秋 (2007/10/12)
売り上げランキング: 6
comments powered by Disqus