規則正しく生きる努力

 11月しょっぱなのエントリーをなんとなく湿っぽい話ではじめてしまいましたが内容は今現在の自分のいる場所・状況というものを出来るだけ冷静に考えてみたものです。それをブログに書くことが冷静かどうかはわからないけど、まあ率直にいって自分が思ったことを書くことが出来ない場所になんて何の意味もないですからね。別に誰を攻撃しているわけではないし。
 ともかく、最近は規則正しい生活を送れるように少しは努力をしています。完全に運動不足なので通勤途中に出来るだけ歩くように心がけたり(最寄り駅ではない駅を利用できるときは利用している)、夜遅くに食べ過ぎないようにしたり、アルコールの摂取量も減らしてみたり、早寝早起きにもチャレンジしています。
 まだはじめたばかりなのでボク自身がまだ成果を求められる立場にありません。そんなことよりもこれを継続することに注力すべきだと怒られますからね。朝、出勤前に時間に余裕があるのは素晴らしいことだと思いました。そんなことはよく分かっているのだけどなかなかそうもいかないものだ、なんて言ってたらまた怒られそうですが。それが良いことだと分かっているなら、あとはただそれを実行すれば良いだけなのだ。

 村上春樹走ることについて語るときに僕の語ることを読み終えたので今は Coyote No.21 に載ってるポール・オースターシティ・オヴ・グラス柴田元幸訳を読んでいます。毎日お風呂で一章だけ読むなんていう贅沢をしてみたりして。
 そんなわけで1ヶ月前と比べると針が振り切れるくらいにまともな生活を送っております。

走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹
文藝春秋 (2007/10/12)
売り上げランキング: 15
Coyote No.21 特集 柴田元幸が歩く、オースターの街[二〇〇七年、再び摩天楼へ]
新井敏記
スイッチパブリッシング (2007/09/10)
売り上げランキング: 2665
シティ・オヴ・グラス (角川文庫)
ポール・オースター 山本 楡美子 郷原 宏 Paul Auster
角川書店 (1993/11)
売り上げランキング: 171874
comments powered by Disqus