週末前夜(中華料理屋の長期休暇、近くにあった美味しいお店)

 隔週で大阪と東京を行き来しているボクたち夫婦ですが、先週末は妻が東京に来る番でした。偶然にも金曜日に東京への出張が入ったとのことで幸運にも今回は交通費会社持ちだったのです。
 会社を7時に出て最寄り駅で合流しそのままどこかへ食事に行こうかとも思ったのだけど、妻は出張で疲れていたし次の日もいろいろ行くところがあったのでひとまず家に戻って近所の中華料理屋にでも行こうということになりました。というのも妻はその店に前から行ってみたいと言っていたのです。その店は駅からの帰り道沿いにあるのですが、その中華料理屋のシャッターが降りていることにまず妻が気付きました。シャッターに張り紙がしてあるようなので近づいていって見てみると、11月1日から15日まで休むと書いてある。事情はわからないけど何というタイミングの悪さ。それで仕方なく(というわけでもないのですが)その隣の焼き肉屋に行くことにしました。何度もその店の前を通ってきましたがあまり繁盛しているという印象はありません。あまり客の入っていない店に入るのはいつだって躊躇するものですが、そのときも少し躊躇しながらも入らないことにははじまらないと思い切って飛び込みました。
 店内には人がひとりもいなくて奥から女の人の声が『今すぐ行きます』と言うのが聞こえてきました。店の中は昔トロントに留学中の妻を訪ねていったときに入ったコリアンタウンの韓国料理屋をどことなく彷彿とさせるものでした。店はおばさんひとりでやりくりしているようでした。ボクたちが料理を注文したあとでもう一組客が入ってきたのでとても忙しそうだった。よくわからないけど知り合いらしき女性が子供を抱いて訪ねてきて、ボクが追加の注文を頼もうとおばさんを呼ぼうとしたらかわりにその女性が子供を抱いたまま注文を聞いていました。ボクたちは焼き肉のセット(肉、サラダ、キムチ、ナムルのセット)と豚キムチとチヂミを頼みました。どれもとてもおいしくて、ボクは家の近所にこんなにおいしい店があったのかとこれまで一度も足を運ばなかったことを後悔するのでした。

comments powered by Disqus