大阪が住みやすい街になれば。

 土曜日の午前中、韓国人の友人家族が引っ越し先に物色中の物件を一緒に見に行ってきました。彼らが今住んでいるところから、駅とは反対側に車で5分くらい行ったところにある明らかに最近作られた住宅地で、こちらの独立行政法人が開発したところ。
 大通り沿いにはスーパーマーケットや銀行、病院などもあって生活に困ることはなさそう。スーパーマーケットの駐車場に車を止めてから管理室に行って部屋の鍵とスリッパを人数分受け取る。部屋は敷地の一番端っこにある棟の1階の一番端の部屋。この部屋しか空いていないそうだがその理由も分かるような気がする。それでも家賃はそれなりに高いし、部屋も広くて良かった。1階なのでベランダの外に小さな庭も付いてくる。交通の便を考えると家賃が少し高いと思った。友人家族は他にもいくつか見てみるということでした。
 ところで、友人家族の家探しに付き合ってる自分たちはというと、大阪で借りている一軒家はとりあえず3年を目処にしていて妻と妻の妹が住んでいるし、東京で借りているマンションは今の会社の家賃補助を受けていて、契約上今の会社を辞めたら出て行くことになります。つまりある程度将来を見据えるときに自分たちがいったいどこで生活しているのかということが想像できないのです。これはちょっと問題あるかなあと思ったりして。

 次の日は大阪府知事選挙の投票日で、ボクは住民票を東京に移したので投票権がありません。なので妻の投票に付き添うことにしたのですが無精ひげを生やして投票権のない30過ぎの男を訝しむ目が気になったので投票場の外で待っていました。妻は誰に投票したのかを教えてはくれませんでしたが、その日のうちに橋下徹が当選したと報道されていました。次の日もテレビに出ずっぱりだったので番組をいくつか見ていたのですが、とにかく選ばれたのだからがんばってほしいという気になりました。
 ボクが東京に単身赴任している理由のひとつは大阪で良い仕事が見つからなかったからなので、景気が良くなれば大阪で働くことが出来るようになるかもしれない。東京と大阪だったら大阪に住みたいに決まっている。それから将来のことを考えると、子育てについて支援の多い自治体で暮らしたいとも思うので、新しい府知事には是非ともがんばってもらいたいと思うわけです。まあでも、誰が府知事になっても生活しやすい街にしてもらわなくては。
 それからジョギング出来る場所をたくさん作ってほしいです。今回の知事選挙の各候補の公約は知らないけど、もしボクに投票権があったなら『ジョギング出来る場所を増やす』公約を掲げた候補に投票してたかもしれません。

comments powered by Disqus