だいちゃんの夢

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ネットで有名なIT関係の人がなぜかうちに泊まりに来ていて隣の部屋で宴会を開いている。ボクは自分の部屋で机に向かっているうちにいつの間にか眠っていて、次に目が覚めたときには隣の部屋で彼らは眠っていた。台所に行くと火の付いたガスコンロに鍋がかかったままになっていたり、食べかけの食材がそこかしこに置かれている。それをつまみ食いなんかしていると小学校の時の友達が台所に入ってきたので話し始める。いつの間にかそこは子供の頃に住んでいた家の台所になっていて、『今東京で仕事をしているんだけどだいちゃん(というのが彼のニックネームだった)はどうしてるの?』とボクが聞くと『ずっとここ(地元)に住んでいる』とだいちゃんは答えた。

 夜に DVD で大いなる陰謀を見て(時間返せ)、腹筋とスクワットをしてから布団に入ってカラマーゾフの兄弟を読んでから1時までには眠ったと思う。8時間くらいは眠れたので連休前の不眠が治っていれば良いのだけど。

 だいちゃんとは小学校1年か2年の時に近所のスーパーでプラモデルを万引きしたことがあります。店の大人の男の人に見つかって追いかけられたので必死に走って逃げたのですが、結局逃げ切ることが出来たのを後々思い出しては子供がよく逃げ切れたなあと不思議に思ったものでした。万引きをしたのは後にも先にもあのときだけです。なんともう25年以上も前の話なのですね。すいませんでした。

大いなる陰謀 (特別編)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-08-22)
売り上げランキング: 774
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 517
comments powered by Disqus