煙草を辞めて1年

 去年のだいたいこのくらいの時期、11月下旬くらいに煙草を辞めてからおよそ1年が経ちました。妻から『妊娠した』という連絡を受けたその時からすっぱりと煙草を吸うのを辞めたのをはっきりと覚えています。夏に結婚してから子供の誕生を望み続けた数ヶ月だったのでとても嬉しかったことを今でも覚えています。実感はなかったけれども。
 妻のお腹の中に新しい生命が誕生したのを知ってから、息子(そのときはまだ性別なんてわからなかったけれど)のおかげでボクはいろんなことが出来ました。煙草を辞めるのに十分すぎるくらいのきっかけを与えてくれたのも息子だし、右肩上がりに増え続けていた体重に歯止めをかけジョギングというあらたな趣味に目覚めるきっかけを与えてくれたのも息子です。息子の存在がなければボクはあのまま煙草を吸い続けていたかもしれないし、『去年買った服のサイズが合わない』とこの冬の実際とは正反対の理由で困っていたかもしれません。それはまあ経験しなかった未来なのでどうなっていたかなんてわからないけど、自ら自身を良い方向へ導いていく資質に長けていないボクにとっては、息子の誕生をきっかけにしてなし得た良いことが少なからずあるというのは事実なのです。
 煙草を辞めることが出来たのは本当に良かったし、最近は少しサボり気味だけど来月に多摩川の近くに引っ越したらまたジョギングに精を出そうと思っています。

comments powered by Disqus