息子が1歳になりました

 1年前の今日の夕方に息子が生まれました。あれからもう1年が経つのか……と昨日の夜も妻と話していたような次第で、振り返ればホントにあっという間だったような気がします。生まれてから7ヶ月ほどは東京と富山(妻の実家)に離ればなれでしたが、一緒に暮らすようになってからは特に時間が経つのが早かったような気がします。
 毎日一緒に暮らしていると日々の変化にはなかなか敏感に気付くことが出来ず、しばらく会わなかった時の方がその蓄積された日々の変化の量に驚かされるというようなことがあると思いますが、毎日とまでは言えないものの、少なくとも週単位で新しい側面を見せる我が子の成長に驚かされ続けています(現在進行形)。特にはいはいが出来るようになって家の中を自由に移動するようになってからはそれが爆発的に加速されたような気がします。今は、つかまり立ち(つかまり歩き)、つかまり立ちからつかまっていた手を離してその場に立つ、座っている状態からその場で立ち上がる、というところまで来ています。(小さいけれど大きな)一歩を踏み出すのは時間の問題だと思うのですが、歩けるようになると成長曲線はまたグイと右肩上がりになることでしょう。
 最近は簡単な言葉だと親の真似をして繰り返します。『○○はどこ?』と聞くと指でその場所を指し示せる物の数はどんどんと増えていっています。以前に読んだベビーサインの本に書いてあった通りに、息子はまだ言葉を話せないけれども身振り手振りのサインを使ってコミュニケーションを取ることが出来ています。そのコミュニケーションはもうとても幸せとしか言い表せない感情でボクの心を満たしてくれます。
 誕生日のお祝いはこの前の日曜日にしたので、今夜は日曜日に渡さなかったボクと妻からのおもちゃのプレゼントをあげる予定です。車とか電車が好きなので、IKEA木で出来たクレーン車のおもちゃを買いました。遊んでくれるといいのですが。

ベビーサイン--まだ話せない赤ちゃんと話す方法
ベビーサイン—まだ話せない赤ちゃんと話す方法

リンダ アクレドロ,スーザン グッドウィン,小沢 エリサ・ヒライ,Linda P. Acredolo,Susan W. Goodwyn,たきざわ あき
Amazon.co.jp で詳細を見る
comments powered by Disqus