手足口病

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 先々々週くらいにふと息子の膝に赤い発疹が出来ているのを見付けて調べてみると、足は膝から下、足の甲から裏まで広がっていて、腕も肘から先に広がっていた。妻も気付いていたようで、そういえばこのところ眠るときに指先で反対の掌をよく掻いていたのを思い出し、数日前からすでに手が痒かったのかなとそのときに気がつけなかったことを思ったりもした。特に最近新しく食べさせた食材もなかったので万が一アレルギーだったとしても食べ物ではないと自信なげに2人で話しながら、全身を見てみたところ発疹が出ているのが両手両足の服から外に出ている部分だったのでハウスダストとかダニとかそういった直接肌に触れる部分が反応しているのかと思って、その週末は家中の掃除をしっかりとした。布団を干して、掃除機をかけて、床を拭き掃除した。それでもまあすぐに発疹が消えるわけでもなかったので、週明けにかかりつけの小児科に連れて行ったら『手足口病』ということで、アレルギーじゃなくてひとまず安心。で、手足口病って何?(その症状が出る部位を並べただけの名称はどうなん?)と思って調べてみたのですが、特に心配しなくていいようだったので安心しました。病院でもかゆみ止めだけもらって帰ってきたようでした。
 しかし心配ないと言っても手足口病で死亡した症例もあるようなので、本当はまったく安心しきれないところがあります。予防接種で接種されるワクチンの説明書きを読んでいても完璧に100%安全だとは書いていないので気になると言えばやはり気になります(とても低い確率ではあるけど0ではけしてないので)。しかし一方で、100%安全じゃないからといって子供に何もさせないのも良くないと思ってもいます。たとえば公園に連れて行って砂遊びをさせていると落ちてる葉っぱを掴んで口に入れたりするのだけど、葉っぱを口に入れることは駄目だと言ってやめさせますが、だからといって公園に連れて行かない、砂遊びさせない、としたくはありません。いろんなことを、良いことも良くないことも経験させ、何が良くて何が良くないのかを身をもって分かっていくのが大切なのだと思っているわけです。葉っぱと一緒に砂も口に入れると不味そうな顔してるので、きっと学んでいってくれることでしょう。
 手足口病の方は、それからしばらくすると徐々に発疹が消えていって今では発疹の跡が擦れて皮が剥けたような状態になっているのが手足の指や膝に少し見られるくらいになっています。もう特に痒くはないようです。手足口病、というけど口には症状は出なかったみたいです(口の中までは見ていないけど、特に嫌そうな様子はしていなかった)。
 予防接種と言えば、昔、ボクが小学生のころにインフルエンザの予防接種を受けた子供が何か重篤な副作用の症状を起こすという出来事がありました。それでボクはそれ以来インフルエンザの予防接種を受けるのを拒否した記憶があります。どういうわけか、ボクはそれを自分の判断で行ったと記憶しているのですが。。
 まあ、うちの子供はまだ1歳なのでいろいろと予防接種を受けていくのだろうと思います。無料のヤツと自己負担で受けるヤツとがあってボクはきちんと把握はしてませんが(妻がきちんとやってくれています)、この前はおたふく風邪の予防接種を受けてきました。今度は名前は忘れましたがワクチンの入荷に数ヶ月かかるというのを受けます。予防接種するたびに、病気をひとつ克服するたびに、彼の体の中で免疫が強化され、彼自身がまたひとつ強くなったのだと思うと、親としてはうれしい気持ちになりますね。

comments powered by Disqus