iPhone OS 3.1 でのスマートプレイリスト同期不具合と着信音への不満

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 iPhone OS をバージョン3.1にしてから、iPod のプレイリストがなんかおかしいなあと思ってました。iTunes で作ったスマートプレイリストを iPhone に同期しているのですが、Mac に接続して iTunes 上で表示されている iPhone 内のスマートプレイリストには同期元のスマートプレイリストと同じ曲が並んでいます。ところが iPhone 上で iPod を立ち上げて見ると、スマートプレイリストに含まれていない曲がたくさん並んでいるのです。
 そのスマートプレイリストは再生回数が0回という条件で200曲をランダムに取得しているのですが、他にも通常のプレイリストで好きな曲を固定的に同期しています。ここからは推測なのですが、どうも再生回数0回のプレイリストの中に固定的に同期しているプレイリストの中で条件が該当するもの(再生回数0回のもの)が表示されてしまっているのではないでしょうか。きちんと検証したわけではないですが、ランダムにしているはずのスマートプレイリストを再生していても、固定的に同期しているプレイリストに含まれているアーティストの曲がやたらと連続で流れてくるので、そうなのではないかと推測しています。
 それで解決方法ですが、ググってみたらすぐに見つかりました。

 iPhone OS 3.1でスマートプレイリストの同期の不具合を解消する方法

 既存の(不具合が生じている)スマートプレイリストの最後に『プレイリストがミュージックである』という条件を追加するだけでばっちり解消されました。これはれっきとしたバグだと思うので、そのうち解消されることでしょう。
 iTunes の話題で続けると、以前は曲の長さを30秒くらいにして、iTunes で AAC に変換して、出来たファイルの拡張子を .m4r に変更すれば iTunes に iPhone 用の着信音として登録出来て iPhone に同期できていたのですが、iTunes 9 で試してみると出来なくなっていました。以前は出来ていたので、バージョンアップのどこかの段階で出来なくなっていたのでしょう。
 それで会社の隣の席の同僚が iToner2 という着信音作成ソフトを試してくれたところ iPhone に着信音が登録出来ました。ただこのソフトを使うと iTunes で着信音を管理することは出来ないみたいなので、以前に作った着信音を iTunes で管理している場合はちょっと面倒なことになるかもしれません。
 まあいずれにせよ、iPod で聴く用と着信音用と、同じ曲を異なる(あるいは同じ)フォーマットで iPhone の中に2ファイル持っておかないといけないというのはナンセンスな気がしますけど。

comments powered by Disqus