保育園で別れ際に泣かなくなりました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 油断しているともう2月も半分が過ぎようとしています。2月は特に他の月よりも日数が少ないので本来ならもっとも油断できない月なのにもかかわらずです。オリンピックも開幕したし。
 さておき、今月から息子を保育園に通わせております。毎朝の出勤前にボクが送っていき、お迎えは妻がというように分担しているのですが、迎えに行くときの状況は詳しく分からないけれど、朝はもう毎日ばたばたです。保育園は家から10分強のところにあって、保育園から最寄りの駅まではさらにまた10分くらいかかるのと、これは実際に息子を保育園に通わせることになるまで分からなかったことなのですが(あるいは保育園によるのかもしれないけれど)、ただ保育園の入り口まで子供を連れて行って保育士さんに子供とカバンを渡してよろしくお願いします、というわけではないのです。実際には子供を連れて中に入って、ロッカーに荷物を置いて、連絡帳を保育士さんに渡すときに軽く喋って(変わったことがないかとか)、子供も慣れないものだからそうあっさりと『お父さん行ってらっしゃい』というわけにはいきません。子供を預けるのにまた5分くらいかかるので、結局は合計で30分くらいはこれまでより早く家を出ないといけません。しかし、それはまだ良いのです。出かけてしまえばあとはもう保育園に預けるだけですから。出かけるまでが大変なのです。朝ご飯を食べさせたり、歯磨きしたり、おむつを替えて着替えさせたりしながら、自分自身も朝ご飯を食べたり顔を洗って歯磨きしたり服を着替えたりしなくてはいけません。機嫌良くテレビでも見てくれていればいいのですが、少しでも見えないところに離れるとぐずり出すことが多いのでなかなか大変です。それでもまあなんとか、息子とふたりっきりの時間を大変は大変であるけれどボクなりに楽しく過ごすことが出来ていると思っています。なによりも息子とお話しする時間が増えたことがうれしいですね。
 そのように今月の1日から保育園に通わせているのですが、毎朝、保育園に着いてベビーカーから降ろすとぐずって抱っこをせがんで泣きついてきます。抱き上げると泣くのはやめるのですが、抱いたまま靴と靴下を脱がせて保育園の中に入り、ロッカーの前でどうしても息子を床に降ろさないと荷物を中に入れられないので立たせると同じように泣きついてきます。その後でもう一度抱き上げて保育士さんに抱いてもらいながら少し喋って、ボクが離れていくと『ちゃーちゃん(おとうさん)』と大泣きしながらボクの方を指さしているのが毎日心苦しくて、でもそこでさっさと離れないと息子を余計に泣かせることになると思い、振り返らずに保育園を後にする日々が続きました。ようやく、2週目の火曜日になってはじめて別れ際に保育士さんに抱っこされたまま泣かずにボクとバイバイすることが出来たときには、徹夜明けでいくら頭がぼんやりしていたとはいえ、息子の成長がとてもうれしくてひとりほくそ笑みながらすぐに妻にメールで知らせたのでした。その次の日も別れ際は泣きませんでした(まだ保育園に着いたときには泣きついてきますが)

comments powered by Disqus