久方ぶりの水泳教室と腰痛

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 先週の土曜日は、去年の11月末に妻の実家に預かってもらうようになって以来のスイミングスクールに行って来ました。ブランク約2ヶ月半。スイミングスクールには去年の四月から通い始めたのでこの時期の寒さははじめての経験なのですが、夏は更衣室がクーラー効きすぎでものすごく寒かった(寒いと言って泣いている子もいたくらい)記憶があったので、冬の更衣室はどうなってるんだろうと少し心配に思っていました。実際のところは暖房が効きすぎで、プールから上がって来たらロッカーの中の眼鏡が曇っているほどでした(室温も湿度も高くてもわっとしてました)。プールも温水で温かかったのですが、息子は久しぶりのプールに最初のうち少し戸惑っていました。それでも途中のボール集めのときから調子が出て来て、後半は楽しそうにしていました。台の上から飛び込んだり、滑り台を滑って水にはまっても泣きませんでした。
 更衣室はそのように暖かかったのですがもちろん外はきちんと寒いままなので、ボクたちもきちんとドライヤーで髪を乾かしてから帰りました。更衣室は1階にあるのですが髪を乾かしたり思い思いに食事したりするスペースは2階にあっていつも混雑しています。といってもほとんど利用したことはなく、このときが2回目か3回目だったでしょうか。ドライヤーの数が圧倒的に少ない割には意外と順番が回ってくるのが早かったように思います。あるいは、みんなあんまり髪を乾かさないのでしょうか。
 子供がプールを楽しんでくれたのは良かったのですが、ボクはというと腰痛がひどくて、その日の午後は家で横になって過ごしました。結局この腰痛は日曜日も月曜日も悪くなる一方だったので、火曜日の朝に子供を保育園に送っていった後、駅に向かう途中にある整骨院に飛び込むことになりました。結果的にはそれが大正解で、それから毎朝整骨院に通い、一番ひどいピークのときから比べると格段に良くなっています。それでもまだ痛みが残っているし、仕事中など長い時間座ったままの体勢から立ち上がるときにまだ辛い思いをします。もうしばらく通うことにしたほうが良さそうです。腰の痛みが取れたら、腹筋背筋を鍛えるようにしないといけないなと思っています。
 ところで、腰痛で飛び込んだ整骨院ですが、腰はまあ当然のことながら、肩がガチガチに固くなっていると言われました。まあ肩が凝っていない・楽だとはけして言わないけど、以前にはもっともっと肩が凝って辛い時期はあったし、むしろ近頃は肩の凝りは気にならない方だったので意外でした。もしかしたら腰の痛みにばかり意識が行っていて肩への注意が疎かになっていたのかも知れません。肩胛骨を回す運動をするように言われました。
 以前は腰の疲れよりも肩や腕や足の疲れが目立っていました。そのような部位が疲れているのでマッサージに行ってもそのように伝えるわけですが、終わった後でたいてい『(話には出ませんでしたが)腰がかなり張っていますね』と言われたものでした。その度に自覚症状のないボクは『そうですか』と言うことしか出来なかったのですが、今ではそれが逆転しているわけですね。一日中パソコンに向かってキーボードを打ち続けるというこの仕事をはじめたころは本当に肩から腕にかけて辛い思いをしました。腱鞘炎じゃないかと言うくらいに痛みを伴ったこともありました。今ではそこまで肩や腕が疲れることもありません。でも整骨院でそのように指摘されたということは、けして疲れがたまっていないわけではなくて、ただ単にこのような状態に慣れてしまったということなのでしょう。けして褒められたものではない状態に慣れてしまってそのことに無自覚になるということは避けたいものですね。体のことに限らずに、です。

comments powered by Disqus