タグ「Music」が付けられているもの

イヤホンの話

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 今使っているイヤホンは Shure の E4 というカナル型のもので、2007年の2月に購入している(アマゾンの履歴による)のでかれこれ2年半使っています。このイヤホンはイヤパッド(カナル型なので耳穴に突っ込む部分)を交換出来るのですが、トリプル・フランジ・イヤパッドというクリスマスツリーを小さくしたようなものを装着して耳に突っ込んでいます。E4 というモデルはもう販売していないようですが、当時は24000円くらいしたので(アマゾンの履歴による)振り返れば随分と景気の良い話ですね。独身時代の輝ける残照とでも呼びましょうか。
 ボクは特にオーディオマニアというわけではなく、音楽を聴くのもメインは iPhone ですし、休みの日に家で聴くときも MacBook のスピーカーで事足りています。そのとき聴きたい曲を如何に早く見付けて再生することが出来るかということに比重を置いてはいるようですが、音質は良いに越したことはない程度に思っているようです。そういうわけだからかどうか、一番音楽を聴く機会が多い iPod や iPhone 用には比較的高額なイヤホンを使ってきました。今使っている E4 の前は同じく Shure の E2C を使っていました。たしかこのイヤホンが断線して修理(交換)に出している間に、たまたま当時働いていた職場で同僚に見せてもらった E4 が(トリプル・フランジ・イヤパッドが)良くて買ったような記憶があります。思い出せば思い出すほど景気の良い話です。
 E4 を使っている上で特に不安はないのですが、この2年半の間に2回ほど片方の音量が極端に下がるという現象に遭遇しました。1回目はいつだったか忘れましたが保証期間内だったこともあって販売元にコンタクトを取ってみたのですが、そのときになって保証書を紛失してしまったことに気がついて、またいろいろやってたら(あとで書きますけど)再びちゃんと音が鳴るようになったので修理に出すことなくそのまま使い続けて来ました。2回目は昨日のことで、朝の通勤時は何も問題がなかったのだけどいざ仕事に集中しようと音楽をかけると左の音量が極端に小さくなっていることに気がつきました。そういうステレオ・アレンジの曲かもと思っていくつかの曲で試してみたのですが、やはりどの曲でも同じように左の音が小さかったので、またイヤホンを外して現実世界の音を聞いてみても左の音が小さくなっているというようなことはなかったので、これは曲によるのでもボクの耳によるのでもなく、イヤホンによるのだと断定づけたのでした。
 1度目の不具合の時に、そういえば確かノズルが詰まるか何かしたのを取り除いたらまた聞こえるようになったんやっけ、とふと思い出したような気がしたのでゼムクリップを曲げて伸ばして何か突っかかりがないかノズルに突っ込んでみました。引っかかりがあったので突いて引っかかりを除去してしまうとまた聞こえるようになったのですが、ネットで調べてみると交換用ノズルとかクリーニングツールが同梱されていると書いてあるじゃないですか。音は聞こえているものの、もしかして触ってはいけない部分を触ってしまったかも。家に帰ったらどこかの引き出しにしまってある(はず)の付属品一式を探し出してみよう。

 交換用ノズルはなく、クリーニングツール(みたいなもの)がありました。両端が細くなっているのと輪になっているスティックで奥まで入らないようになっているので、やはりゼムグリップで突いたのは間違いだったのでしょうか。。。

 iPhone OS をバージョン3.1にしてから、iPod のプレイリストがなんかおかしいなあと思ってました。iTunes で作ったスマートプレイリストを iPhone に同期しているのですが、Mac に接続して iTunes 上で表示されている iPhone 内のスマートプレイリストには同期元のスマートプレイリストと同じ曲が並んでいます。ところが iPhone 上で iPod を立ち上げて見ると、スマートプレイリストに含まれていない曲がたくさん並んでいるのです。
 そのスマートプレイリストは再生回数が0回という条件で200曲をランダムに取得しているのですが、他にも通常のプレイリストで好きな曲を固定的に同期しています。ここからは推測なのですが、どうも再生回数0回のプレイリストの中に固定的に同期しているプレイリストの中で条件が該当するもの(再生回数0回のもの)が表示されてしまっているのではないでしょうか。きちんと検証したわけではないですが、ランダムにしているはずのスマートプレイリストを再生していても、固定的に同期しているプレイリストに含まれているアーティストの曲がやたらと連続で流れてくるので、そうなのではないかと推測しています。
 それで解決方法ですが、ググってみたらすぐに見つかりました。

 iPhone OS 3.1でスマートプレイリストの同期の不具合を解消する方法

 既存の(不具合が生じている)スマートプレイリストの最後に『プレイリストがミュージックである』という条件を追加するだけでばっちり解消されました。これはれっきとしたバグだと思うので、そのうち解消されることでしょう。
 iTunes の話題で続けると、以前は曲の長さを30秒くらいにして、iTunes で AAC に変換して、出来たファイルの拡張子を .m4r に変更すれば iTunes に iPhone 用の着信音として登録出来て iPhone に同期できていたのですが、iTunes 9 で試してみると出来なくなっていました。以前は出来ていたので、バージョンアップのどこかの段階で出来なくなっていたのでしょう。
 それで会社の隣の席の同僚が iToner2 という着信音作成ソフトを試してくれたところ iPhone に着信音が登録出来ました。ただこのソフトを使うと iTunes で着信音を管理することは出来ないみたいなので、以前に作った着信音を iTunes で管理している場合はちょっと面倒なことになるかもしれません。
 まあいずれにせよ、iPod で聴く用と着信音用と、同じ曲を異なる(あるいは同じ)フォーマットで iPhone の中に2ファイル持っておかないといけないというのはナンセンスな気がしますけど。

 3月に前の携帯電話が壊れたので泣く泣く iPhone 3G に機種変更をしてしばらくしてから、ふと思い立って家の Mac の iTunes に入っている雑多な楽曲のうちで1度も再生したことがない曲のプレイリストを作ってランダムで iPhone と同期することにしました。うちの iTunes には、たとえば語学の教材に付いてきた CD を変換した物とか子供向けの童謡やらも入っているので、そういうのはジャンルでフィルタリングして省いています。また去年の夏に Mac のハードディスクが壊れたときに OS を入れ直したので再生回数はそのときにリセットされているはず。そういうわけでここ数ヶ月にボクが聴いた曲の雑多さは last.fm に記録されております。
 通勤途中や仕事中、休憩時間に喫茶店で本を読むときなど、iPhone で音楽を聴くことが多いのですが、Mac の iTunes で聴くときとは違って iPhone はリアルタイムに last.fm に曲を scrobble してくれません。どうしているかというと、ScrobblePod を立ち上げた状態で iPhone を iTunes に同期させると、再生した曲を last.fm に scrobble してくれます。ボクは Twitter でアナウンスされていたこちらのバージョンを使っています。平日はほぼ iPhone だけなので帰宅してから同期して scrobble、休日の朝には iTunes で音楽を聴くことが多いので、そちらも自動的に scrobble してくれます。
 本当は iPhone で再生するたびに scrobble してくれるようになればいいのだけど、まあそこまでの即時性を求めるところでもないし、どうせ毎晩 iTunes と同期はしているので特に問題はありません。問題ないどころか大変便利です。
 ところで、件の『1度も再生したことがない曲のプレイリスト』なのですが、ランダムにしているはずなのにどういうわけか昨日は連続で BoAさんの曲が流れていました。どういう経緯で iTunes のライブラリに入ることになったのか思い出せません。

RADIOHEAD さいたまスーパーアリーナ DAY 2

二日目 さいたまスーパーアリーナでの Radiohead のライブ2日目の話の前に、今日は Thom Yorke の40歳の誕生日です。40歳おめでとう。しかも今日明日と国際フォーラムで追加公演。ずっと世界を回っていたツアーの締めくくりでもあるようなので、トムの誕生日である今日とホントにホントの最終日の明日のライブに行かれる方が大変うらやましいです。

 それはそうと、土曜日はライブのあとで飲んで帰ったので家に着いたのは12時を過ぎていました。寝るのが遅かったので日曜日は昼過ぎになってようやく起き出したのですが、曇っていて天気が悪い。天気予報によると夜から雨ということだったのですが、3時過ぎくらいに出かけるときにはまだ降っていなかったし邪魔になること間違いなしだったので傘は持っていきませんでした。1時間以上電車に揺られて再びさいたまスーパーアリーナに着いてみるとなんだか前日より人が多いような気がする。それもなんだか(服装に)気合いの入った人の割合が多いような気がしました。クマの彼はまた FoE の宣伝をしていました。
 会場の外でやるべきこと(グッズとか FoE の署名とか)は前日にすべて済ませていたのでこの日はそのまま会場に入りました。昼にシリアルなんかを軽く食べただけだったのでケンタッキーでビールとバーガーを買って、チケットに書かれた入場口の番号が見つからなかったので係員に聞いてたどり着いたときにはすでに前座の Modeselektor の演奏が始まっていました。場内が暗かったので席に着くのは演奏が終わってからにすることにして、入り口近くに立ってステージを見やりながら聴いていたのですが昨日よりもステージに近い近い。Modeselektor の演奏が終わって場内が明るくなったので自分の席を見つけました。前から3列目の通路沿いだったのでとても見やすい席でした。
 この日も Radiohead のパフォーマンスはすごかったです。1日目にはやらなかった曲やこれまで聴いたことがなかった曲を聴くことが出来るのは良いですよね。Airbag(OK Computer)、Pyramid Song(Amnesiac)、そして Fake Plastic Trees(The Bends)はホントにすばらしかった。Myxomatosis(Hail to the Thief)のリズムがすごく気持ちよかった。Like Spinning Plates のライブアレンジ(I Might Be Wrong: Live Recordings)は世界一美しい曲だと思います。
 個人的には The Bends(The Bends)とか Let Down とか Subterranean Homesick Alien(OK Computer)とか Creep(Pablo Honey)というまだ聴いたことがない曲を聴きたかったけど(いくつかはまあでもやらないだろうなと思ってるけど)、それでも大満足でした。まだ聴いたことがない曲はきっといつか聴くことが出来るだろうと楽しみに出来るし、そのときにはまた新しい音で新しい曲を聴かせてくれるのだと思っています。
 今日と明日は行くことが出来ないのでボクにとってはまた数年後ということになりますが、本当にすばらしい2日間でした。次のアルバムを楽しみにしています。

In Rainbows
In Rainbows
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Xl (2007-12-27)
売り上げランキング: 993
Hail to the Thief
Hail to the Thief
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Toshiba EMI (2006-05-26)
売り上げランキング: 33989
アムニージアック
アムニージアック
posted with amazlet at 08.10.07
レディオヘッド
EMIミュージック・ジャパン (2008-06-11)
売り上げランキング: 14772
キッド A
キッド A
posted with amazlet at 08.10.07
レディオヘッド
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2008-06-11)
売り上げランキング: 2294
OK Computer
OK Computer
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Toshiba EMI (1997-06-16)
売り上げランキング: 3880
ザ・ベンズ
ザ・ベンズ
posted with amazlet at 08.10.07
レディオヘッド
EMIミュージック・ジャパン (2008-06-11)
売り上げランキング: 1138
Pablo Honey
Pablo Honey
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Capitol (1993-02-16)
売り上げランキング: 8916

RADIOHEAD さいたまスーパーアリーナ DAY 1

 先週末の土曜日と日曜日にさいたまスーパーアリーナで行われた Radiohead のライブに行ってきました。2001年に大阪ではじめて見たとき以来、来日するたびに必ず行っています。今回は2004年の春以来4年半ぶりの来日だったのでものすごく楽しみにしていました。
 チケットはだいぶ前にネットの先行予約か何かで2枚ずつ手に入れていたのですが(ちなみに東京で見るはじめての Radiohead でした……埼玉だけど)、富山の実家で子育てをしている妻と行くことが出来ないことは早い段階でわかっていたので余ったチケットをどうにかせねばなりませんでした。チケットを取ったのは子供が生まれる前のことでしたから(生まれることはわかっていたのでそうなることもわかっていたのですが)。一枚はマイミクの nae さんが引き取ってくれるということで、もう一枚はどうしようかと悩んだあげく、mixi のコミュニティで募集したところちょうど譲って欲しいという方がいたので引き取っていただくことが出来ました。
bear 初日、グッズ販売目当てに早めに行くことにしたのですが、開場の1時間くらい前に着いたらすでにグッズ販売には行列が出来ていました。列に着くと意外とすらすら進んでいって30分くらい並んだでしょうか。目当てのドリンクボトルとTシャツは 15 Steps の歌詞の白を購入しました。マイミクの nae さんは House Of Cards の白を買っていました。そしたら国際環境NGO FoE Japan の署名の宣伝に彼がいました。ずっとアイコンに使わせてもらってるけどこんなところで本物にお会い出来るとは! 一緒に写真を撮ってもらって、署名もしてポストカードをもらいました。
 開演まで時間があったので(スタンド指定席なので早く行く必要もないし)ビアレストランでビールを飲んでからトイレでTシャツを着替えていざ会場へ。前座の Modeselektor は初めて聴く人たち。電子音リズムが気持ちよかった。Thom Yorke の曲もやっていた。席は2階スタンド席正面の前から13列目くらい。ほとんど真正面で、ということはステージから遠くもあるわけですが、まあステージ全体を見渡すことが出来た位置と思っています。それにしてもRadiohead の音楽は圧倒的でした。冒頭、立て続けに最新アルバム In Rainbows から1曲ずつ過去のアルバムへ遡っていく選曲には痺れました。The Gloaming(Hail to the Thief)のアレンジがえげつなかった。Bangers & Mash でのドラムプレイも見ることが出来たし、Cymbal Rush(The Eraser - トムの個人名義のアルバム)も聴けたので大満足でした。

 帰りに昔一緒に仕事をしていたN君と赤羽で飲んで帰ってきました。お好み焼き屋に連れて行くというのでついて行ったら道に迷って、諦めて駅近くに戻る途中でそのお好み焼き屋を見つけたという。広島焼きとビールで満腹になりました。
 2日目に続く。

In Rainbows
In Rainbows
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Xl (2007-12-27)
売り上げランキング: 993
Hail to the Thief
Hail to the Thief
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Toshiba EMI (2006-05-26)
売り上げランキング: 33989
アムニージアック
アムニージアック
posted with amazlet at 08.10.07
レディオヘッド
EMIミュージック・ジャパン (2008-06-11)
売り上げランキング: 14772
キッド A
キッド A
posted with amazlet at 08.10.07
レディオヘッド
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2008-06-11)
売り上げランキング: 2294
OK Computer
OK Computer
posted with amazlet at 08.10.07
Radiohead
Toshiba EMI (1997-06-16)
売り上げランキング: 3880
ザ・ベンズ
ザ・ベンズ
posted with amazlet at 08.10.07
レディオヘッド
EMIミュージック・ジャパン (2008-06-11)
売り上げランキング: 1138
ジ・イレイザー
ジ・イレイザー
posted with amazlet at 08.10.07
トム・ヨーク
ベガーズ・ジャパン (2006-07-05)
売り上げランキング: 5660

ハーフマラソン断念、体調不良と読書

 土曜日は昼から多摩川の河川敷を走ってきました。
 これまで走ったことのある最長距離が12キロだったのでそれよりも長い距離を長い時間かけて走ろうという意気込みでいました。ひとつの目標としてハーフマラソンという言葉が頭の中にあったのですが、結局は1時間半かけて15キロを走ったところで足と腕の痛みに耐えられなくなりあえなく断念となりました。という話を妻に悔しがりながらしたところ、急にたくさん走ろうとするのは良くないと言われ、まあ確かにそうだなと認めざるを得ませんでした。
 そもそも今年になって走り始めたばかりだし、やってることといえば基本的には走ることだけで筋トレといっても毎日朝晩に腹筋したり腕立て伏せをしたりするくらいのものです。マラソンを走ると腕が痛くなるということはどこかで読んで知識としては知っていましたが、実際に自分が15キロ走ったところでもうこれ以上腕を振ることが出来ないというくらいに痛くなるとは思っても見ませんでした。ペースを維持して走れば12キロだって15キロだって21キロだって走れるものだとばかり思っていたのは甘かったですね。
 それでかどうかはわからないけど、日曜日になって近所のスーパーに買い物に行こうと髪を乾かしていたら背中に激しい痛みを感じました。いろんな角度に背中を曲げてみて痛みが和らぐ姿勢を探してみたもののどの角度にしても痛みは変わりません。なんだろうこれはと思いながら少し様子を見て、歩けるようになったので買い物に出かけたのですが帰りに重い荷物を持つとまた痛みが走りました。せっかく時間がたくさんあったのですが無理してはいけないということで日曜日は走りませんでした。目の前の皿に大好物が載っていて手を伸ばせば届くのにそれを我慢しなければならないというような気持ちでした。

 先週半ばにここ数ヶ月間、文字通りかかりきりだった仕事のもっとも高いと思われるピークをなんとか乗り越えることが出来たのでそれ以降少しはまともな生活を送れるようになったような気がします。もっともピークを乗り越えるために払った代償は大きくて、その後遺症がいまだに残っていてどうにもしっかりとした睡眠を取ることが出来ません。寝る間を惜しんでまでこれほど仕事をしたのは人生ではじめてのことでした。
 そういうわけで、この文章を書いている今は代休を取って大阪の妻の元に帰ってきています。明日の金曜は妻はもちろん仕事なので、久しぶりにひとりで大阪の街をぶらぶらしようかなんて考えてますが、こんな時間まで起きているのではたしてどうなることやら。

 それはそうと、先々週くらいにあまりかん。を読みました。文学関係では小説家の書いた本(小説でもエッセイでも)以外はあまり読まないのですが、高須光聖という放送作家の人の書いたこの本は読みました。といってもこの本が出版されてベストセラーになったのはもうずいぶん前のことだと思います。ダウンタウンの松本人志とこの高須光聖が毎週やってる放送室というラジオをもう何年も毎週欠かさず聞いているのであまりかん。に書かれているエピソードの大半は聞いたことがあったのですが、それでもこうしてまとめられたものを読むとその異様さに圧倒されるし、そして著者がなぜこの本を書いたのかというそもそもの動機とこの本を書くことによって何をしたかったのかということは(ホントのところはわからないけど、書かれている範囲では)至極納得の出来るものでした。でもまあともかくとんでもなくおもしろい内容なので未読の方はぜひ読んでみてください。自分の子供の頃を思い出してみてもこんな子供はまわりにはいなかった。

 それから Radiohead の新譜も出ました。In Rainbows はメールでダウンロード先のURLが送られてきて、クリックしたらあっさりと zip ファイルがダウンロード出来ました。解凍して iTunes にコピーしてそれでもう聴くことが出来るのだからすごいものですね。音楽はやはり Radiohead らしいバラエティに富んでいて、トム・ヨークのソロアルバム The EraserOK Computer 以降の要素が曲によって見え隠れするという感じ。ツアーもすると言ってるらしいので絶対に日本にも来てもらいたいものです。今度は全公演制覇することが出来るかな。

 今は村上春樹の走ることについて語るときに僕の語ることを読んでいます。めずらしく今まで書いたことないようなことまで書いていますね。しかしまあこのような健康的な生活にはたいへん憧れてしまいます。簡単じゃないでしょうけど。

あまりかん。―尼崎青春物語
高須 光聖
ベストセラーズ (2007/04)
売り上げランキング: 22740
The Eraser
The Eraser
posted with amazlet on 07.10.19
Thom Yorke
XL (2006/07/11)
売り上げランキング: 21013
OK Computer
OK Computer
posted with amazlet on 07.10.19
Radiohead
Capitol (1997/07/01)
売り上げランキング: 979
走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹
文藝春秋 (2007/10/12)
売り上げランキング: 6

京都音楽博覧会を見てきて。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 かれこれ何週間前のことを書こうとしているのだろうか。記憶は何を気にすることもなく砂漠の焼けた砂に染み込み消えてゆく水のようにか、脳裏に浮かんでもすぐにどこかへいってしまう。そもそも記憶というのはそういうものなのかもしれない、とどこかで読んで納得したのかそれとも自分で思いついたのか。記憶がもし幾分の崩壊もなくその存在を留め続けたとしたら人生はもっと辛いものになっていたかも知れない、とボクは思う。人はきっといろんなことを忘れていくから次に新しいことをはじめられるのだ。と同時に記憶に執拗にしがみつこうともする。ボクがこうして時間を遡ってブログを書こうとするように。どうしても忘れたくないことが誰にでもあるように。

 先々先週の週末(9月23日の日曜日)。この週末の帰阪の目的のうちのひとつが京都音楽博覧会だったのです。
 なぜか当日の朝にならないとタイムテーブルが発表されないという、そしてそれがおそらく許されてしまうというなんとも緩やかな雰囲気の漂うミュージックフェスティバルにボクたち夫婦がたどり着いたのは結局午後3時を少し過ぎていました。そもそもその日の朝に公式サイトではじめてタイムスケジュールを目にし3時過ぎからの出演の Cocco に間に合えばいいやという思っていたのです。妻も特に反旗を翻さなかったので昼過ぎに最寄り駅の駅前でハンバーガーを食べて、それから京都に向かいました。駅から会場までの地図は公式サイトから画像を携帯電話に送っていたのですが、京都駅からその地図の通りにいったつもりがまったくの逆方向だったのにはショックでした。自慢じゃないですがボクは道を間違うことはあっても道に迷うことはありません。1本通り過ぎてしまったり1本手前で曲がってしまったりしたことはあっても、その先で合流する本通りに戻ることは出来たし結果的には道を間違えたと言うほどのことではなくなったものでした。
 しかしともかくボクは道を間違え、タクシーに乗って駅を挟んだ反対側の会場に着いた頃には午後3時あたりでした。京都に着く直前から雨がぱらぱらと降ったり止んだりを繰り返していて、入場チケットとリストバンドを交換して会場に入ると一面にシートを敷いて座り込んだ人たちが雨合羽を着たりしていました。すぐにはじまるだろう Cocco のライブに備えて真ん中は無理なので両端の通路をだいたい真ん中くらいまで前に行って待っていたのですが疲れてきて座ることも出来なかったので思いきって会場後方の小川のせせらぎなんかが聞こえる一角に移動しました。それでステージは見えなかったわけですが音はばっちり聞こえていたのでよしとしました。Cocco のステージが終わる前にフードコートに移動してたこ焼きとタイ風焼きそばと担々麺を食べていたら雨が降ってきたのでちょうど座っていたテーブルにパラソルがあったので雨宿りとなったのですが雨足は衰えるどころかその勢いを増すばかりでボクは半身が上から下までびしょ濡れになっていたし、まわりを見回しても同じようにしてテーブルについたパラソルに見知らぬ人同士肩を寄せ合って雨をしのいでいるか、あるいは屋台かゴミ捨て場のテントの中に入っているかしている。雨が降り出したのはちょうど小田和正がステージに上がってくるりのばらの花を演奏しだしたときだった(歌詞が『雨降りの朝で〜』とはじまる)。
 いつまでたっても雨は止まないし、会場の入り口で売ってたような気がした雨合羽も売り切れていたのでくるりの演奏を聴かずに帰るという選択肢も少し考えたりしたのだけど、小さなテーブルの小さなパラソルの下からゴミ捨て場の大きなテントにとりあえず移動したら雨にも濡れなくなって、そのうちに雨足は弱まっていきました。くるりの演奏がはじまる頃には雨は止んでいた。それで会場内に移動してくるりの演奏を楽しむことが出来ました。ボクは昔からのくるりのファンというわけではなく、むしろベストアルバムワルツを踊れ(最新アルバム)しか聴いたことがありません。ライブでは最新アルバムの曲もアルバムとは異なったアレンジで楽しむことが出来ました。楽曲にバリエーションがあるなあと思った。

 くるりの演奏がはじまる前にゴミ捨て場のテントで雨宿りをしているときに妻の携帯電話に韓国人の友達から電話があった。どうも家族でちょうど京都に来ているという。くるりの演奏が終わって会場を出ると子供と一緒に待っていてくれたので旦那さんが運転する車に乗って京都駅近くで食事することになりました。
 東京に出てくる前は週末によく会って出かけたものだったけど久しぶりに会うと子供は少しよそよそしい感じでした。お好み焼きを食べて大阪まで車で帰る途中、妻の家を見たいと言うことで家まで行くことに。その頃には子供からもよそよそしさが消えていて、家ではまた前のように遊ぶことが出来ました。
 彼と会うのは3ヶ月ぶりくらいだったけどとても喋るようになっていた。もちろん韓国語なのでボクにはよくわからないのだけど、それでもお母さんやお父さんやボクの妻と会話出来ていた。子供の成長というのはとても興味深いなと思ったし、自分たちが子供を育てる立場になったときにはその難しさや苦労と引き替えに得ることの出来るだろう喜びなんかも想像したりするのでした。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER
くるり
ビクターエンタテインメント (2006/07/26)
売り上げランキング: 8100
ワルツを踊れ Tanz Walzer
くるり 岸田繁
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M) (2007/06/27)
売り上げランキング: 1124

In Rainbows

 突然のニュースで驚いたのだけど、10月10日に Radiohead の新譜が出るようです。
 DEAD AIR SPACE(オフィシャルのブログ)でジョニーがさらっと書いてしまってますが、アルバムのタイトルは In Rainbows。ダウンロード版とディスクボックス版のリリースになるみたいで、ダウンロード版が10月10日から、ディスクボックス版は12月3日から順次発送となるみたいです。ボクはさっそくディスクボックス版(£40、約9,450円)を注文しましたが、ディスクボックス版にはダウンロード版が付いてくるのでこれから購入される方はお気を付けて……。
 さて。突然の新譜のリリースにも驚きましたが他にも驚くことがいくつかあって、まず結局どこのレコード会社とも契約せずにリリースとなったことと、それからなんといってもダウンロード版には値段が付いてないことです。『いえいえホントに、あなた次第です』とのことでこれには驚きました。なんて面白いことするんだ。

In Rainbows

 ボクが注文したディスクボックス版の中身は green plastic radiohead によると、

  • CD AND ON 2 X 12 INCH HEAVYWEIGHT VINYL RECORDS(CDとアナログ盤 2枚組み)
  • ENHANCED CD CONTAINS MORE NEW SONGS, ALONG WITH DIGITAL PHOTOGRAPHS AND ARTWORK(写真やアートワークと一緒になったさらなる新曲の入ったエンハンスドCD)
  • ARTWORK AND LYRIC BOOKLETS(アートワークと歌詞のブックレット)
  • ALL ARE ENCASED IN A HARDBACK BOOK AND SLIPCASE.(箱入りのハードカバー製本)

 とのことです。
 12月はまだ先ですが、10月10日はもうすぐ目の先。今から新しい音源が楽しみでなりません。

 日本語ならこちらが詳しいです。

サマーソニック2日目

  • 投稿日:
  • by

 サマーソニック2日目、ボクの目当ては何と言っても Travis でした。はじめて Travis を聴いたのがどのような経緯でいつのことなのかもう思い出せないけれど、ボクにとってはとても重要なロックバンドであることにはかわりありません。しかし Travis はソニック・ステージのトリだったのでそれまで十分時間があったのです。
 この日も会場に着いたのは正午付近でした。前日にコンビニで駐車場のチケットを購入していたので安心して車で行ったのですがステージから一番遠い駐車場で偶然にもボクが学生時代にアルバイトをしていたまさにその場所でした。今年からサマーソニックの大阪の会場が南港から北港に変わったのですが、この舞洲という埋め立て地でボクが大学生の頃にアルバイトをしていました。駐車場に向かう途中に懐かしい光景を目にしたというわけです。
 2日目もまずはオーシャン・ステージを素通りしてオアシスに向かいました。ボクも妻もまず最初の目当ては CSS だったので時間があったのです。前日見ることが出来なかったグッズ売り場を見て回ったりして、焼きそばを食べたりしながら何となく聞こえてくるお笑いステージのことが気になりだして見に行ってみたら、中山功太勝山梶(というよりムーディー勝山)を見ることが出来ました。
 オーシャン・ステージでは B’zの演奏がはじまっていたのですが興味がないわけでもないのだけどかといってあるわけでもなく、それでもなんとなく見ておかないといけないという根拠のない何かに突き動かされるようにしてステージに行ってみるとトリでもないのにものすごい数の人がいました。その日そのステージで Avril Lavigne を見た妻曰く『アブリルよりも B’z の方が人が多かった』そうな。B’z すごいな、と思いました。
 ともかく B’z を素通りしてダンス・ステージに向かいました。そういえば駐車場からまず最初に向かったのがダンス・ステージだったのでした。とりあえず下見しておこうということで行ったときに演奏していたのは The Young Punx!、少ししか見なかったけどなかなかよかった。CSS に備えてひとつ前のステージから足を運んだのですが、Digitalism のことはまったく知りませんでした。すごい人で人気なのは分かったのですが、その音楽については複雑な気分。けしてキライではないのだけどとくに目新しくないというか、あまり気持ちよくなかった。そして CSS はこの上なく良かった。音楽もカッコイイし、主にボーカルの人のパフォーマンスも素晴らしかった。けして演奏がうまいとは言えないのだけど、でもやろうとしていることがシンプルなので聴いていてとても気持ちが良かった。終了後、他のステージに移動しようと歩いていたらダンス・ステージの裏に CSS のメンバーがいるのを発見。しばらくそこにいたらボーカルの人が近寄ってきてサインしたりしていた。他の人が身を乗り出したりしてボクは少し後ろに下がっていたのだけど、妻はちゃっかり握手してもらっていました。あとで家に帰ってネットを見ていたら日系ブラジル人なのですね。なんとなく親近感を覚えるのはそのせいなのか否か。
 CSS のあとはオーシャン・ステージに移動して Gwen Stefani。ボクはまあ興味がないのでかき氷を買った彼女の横でビールを飲みながらなんとなく眺めていて、さて、いよいよ今年のサマーソニックの目的である Travis に備えてソニック・ステージに移動することにしました。妻はそのままオーシャン・ステージに残ってアブリルBlack Eyed Peas を見ることに。
 ソニック・ステージにはそのときはじめていったのですが、2階席が座席で空調も効いているとは知りませんでした。休んでいる人がたくさんいたし、ボクも Travis のひとつまえの Modest Mouse の演奏中は休ませていただきました。Travis のステージはアリーナに降りていこうか迷ったけど、2階席の正面一番奥から落ち着いて見ることにしました。ロッキーのテーマで入場するとは思わなかったけど、演奏は期待以上のものでした。とてもよかった。そしてボーカルのフランの人の良さが曲の合間合間に感じ取れた。残念ながら一番新しいアルバムを聴いていなかったのでこれから聴いてみようと思います。いくつかの曲を2階席の一番奥で熱唱してしまいました。
 お互いに別のステージで2日目を終えるので駐車場に停めた車で待ち合わせたのですが、駐車場に向かう途中で後ろから妻に声をかけられました。メインであるオーシャン・ステージで前の方に行っていたら外に出るのにも時間がかかると思ったいたのだけど、実際はそんなに前には行かなかったみたいです。それでも車に乗ってから1時間くらいしてようやく舞洲を出ることが出来ました。ボクたちが大きな橋を渡る直前にもシャトルバスにはまだ長蛇の列が出来たままでした。来年もまた同じ場所で開催するなら交通手段をなんとかしてもらわないとですね。
 家に帰ったらリビングの電気がついたままで誰もいなくて変だなと思ってたら妹がやってきて『黒いヤツが出たので逃げた』というので殺虫剤で退治しました。帰りにコンビニで買ったインスタント焼きそばを作って食べたりしながらいかに CSS が良かったかを妹に熱く語り、次の日はその日や前の日よりももっともっと早く起きなくてはいけなかったので興奮を抱えたまま眠りに落ちました。

サマーソニック初日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 金曜日の夜の最終の新幹線で半ば無理矢理東京を脱出して大阪に帰ってきたわけですが、これまでとは違う大阪の新居にたどり着いたころにはすでに時計の針は次の日を半周くらいまわっていました。2週間ぶりに再会した妻と語らいながらも次の日も朝が早かったので妻の妹の帰宅を待たずに(飲み会のために帰宅が遅れてるようだった)眠りました。
 土曜日の朝、妻の作ってくれた朝食を食べながらこれから行くサマーソニックのタイムテーブルや会場や駐車場について最終確認をしました。車で行くか電車で行くかも決めていなくて、2日券を買っていたのだけどそれぞれ目当てのミュージシャンはいても初日なのか2日目なのかもしらない有様だったのです。今回は事前にほとんどなにも準備できなかった。それでもまあネットでタイムテーブルや会場付近の地図を見ながら車で行くことにしたのでした。
 途中、コンビニに駐車券が買えるかと思って立ち寄ったのですが当たり前といえば当たり前だけど当日券は買えなかった。それでも翌日の(2日目の)駐車券は買うことが出来ました。それで一か八か会場に車で乗り付けたら駐車場は満車で USJ の駐車場に停めてシャトルバスで会場まで来てくれと言われたのでその通りにしました。2,500円で USJ の駐車場に車を停めてシャトルバス乗り場とおぼしき場所に歩いて行ってシャトルバスが到着するのを待ってからシャトルバスに乗り込んでしばらくしたらシャトルバスが走り出してついさっき2度ほど渡った大きな橋を再び渡って砂埃の舞う大きな広場の真ん中でバスから降ろされました。でもほとんど並ぶことなくチケットをリストバンドに交換することが出来て、そこからは会場内を自由に歩き回ることが出来ました。iTunes の10曲プレゼントシリアルコードの書かれたカードと一緒に渡されたタイムスケジュールと会場の地図を見ながらとりあえず一番大きなステージに移動することに。途中で大きな音を出しながら叫んでいるヘビーメタル系のバンドを横目に見ながら一番大きなオーシャン・ステージに入るとレミオロメンとかいう日本のバンドが最後の曲を演奏していました。とくに何の感慨もなく炎天下で眺めているうちに演奏が終了したのでボクはとりあえずビールを買ってふたりで他のステージを見に行くことにしました。最初に坂を登ったところにあるスカイ・ステージを見に行ったらちょうど演奏が終了したばかりのところだったようで坂を登るだけで少し疲れたボクたちはそのまま坂を下りてふたたびオーシャン・ステージに戻りました。ちょうど Rooney が演奏をはじめたところで少し聴いていたらなかなか良かったので結局最後まで聴いていました。途中からあまり興味のない音楽に変わっていったのだけど、真ん中よりは前の方にいたのでなんとなく最後までそこで聴いていた。そうしたら次の The Fratellis を前の方で聴きたいと妻が言うのでボクは大きな危惧を抱きながらも一緒に前の方に行ったら案の定、演奏がはじまると音楽を聴いているのか聴いていないのか知らないけどとにかく飛びまくって暴れ回る奴らが出始めたのでボクも妻もすぐに少し後ろに下がりました。好きなバンドを前の方で見たいという気持ちはわかるのだけど(ボクは The Fratellis にそれまで興味がなかったし、一度生でその演奏を聴いた今でも特にかわりはないのだけど)、客層というのはだいたい想像できそうなものだし少し後ろでも十分に近いのだから落ち着いて聴ければそれで良いとボクは思ってます。The Fratellis でさんざん疲れたのでオアシス(休憩所)に行って休むことにしました。かき氷とか焼きそばとか食べて休んでからふたたびオーシャン・ステージへ。Manic Street Preachers を見ました。ボクは前にも見たことがある気がしたのだけど気のせいかな。そのあとでボクはコーネリアスか UNKLE かで迷いながらもとにかくオーシャン・ステージを後にし、妻はそのまま KASABIAN と ARCTIC MONKEYS を見るためにその場に留まりました。
 少し時間があったので見ておこうと思って入ったパーク・ステージで見た SEAN LENNON に釘付けになってしまいその場を立ち去ることが出来ませんでした。ショーンはとても神経質そうに1音1音を確認するように演奏をしていました。Cibo Matto の人がキーボードを弾いていました。人の数もそんなに多くなくて(とても良い演奏だったのでもっと多くの人がいてもおかしくないはずなのにね)夕暮れ時にとても雰囲気の柔らかい繊細で親密な空間が醸成されていました。そこにいることが出来たことを幸せに思います。間違いなく1日目のベストアクトでした。
 同い年のショーンのおかげで予定がすっかり乱れてしまったのでぶらぶらとオーシャン・ステージに戻って KASABIAN を見てみました。もうさすがに慣れたもので盛り上げ方も分かっているしヒット曲もあるので安心して見ていられました。盛り上がるところではきちんと盛り上がるしね。演奏の後で妻を捜してみたのだけど携帯電話も繋がらないし(携帯は昼間からすっかり繋がらなくなってせっかく写真を撮ってモブログしようと思っていたのにまったくそうはならなかった)仕方なくビールを飲みながらオーシャン・ステージのトリの ARCTIC MONKEYS を聴いてみたのですが何一つ響いてくるものがなかったのでそうそうに会場をあとにして、あとは休憩所でたこ焼きを食べながらビールを飲んでパーク・ステージに矢野顕子(とレイ・ハラカミ)を見に行きました。そのときに妻から電話がかかってきてオーシャン・ステージを出てきたと言うからパーク・ステージに呼んで矢野顕子(とレイ・ハラカミ)を見てたらくるりのばらの花をカバーしだしたので驚きました。
 再び休憩所でビールを飲んでから(妻はカレーを食べていた)各ステージの演奏が終わる前にシャトルバス乗り場へ向かったのですがすでにけっこうな行列が出来ていた。1時間くらい並んでようやくバスに乗ることが出来て、そこから USJ の駐車場まで30分くらいかかったと思う。演奏が終わる前に並び始めたボクたちでもそのくらいの時間がかかったのだから、最後まで見ていた人たちはさらにどのくらいの時間がかかったのだろうか。しかもボクたちは車だったけど電車で来ていた人たちははたして帰ることが出来たのだろうか、ということを家に着いてから巨大掲示板とかで見ていて、その日はお風呂に入って疲れと汚れを落とそうとする努力だけしてから眠りました。

誕生日に髪を切りました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 結婚したら財布の所有権が変わるというわけではないのですが、そして駆け込みというわけでもないのですが、iTunes Store でくるりワルツを踊れ Tanz WalzerThe White Stripesイッキーサンプを購入しました。くるりは予約購入したのでこの夏に京都で行われる野外ライブの抽選券が付いてくるはずです(どうやって入手?)。
 今日はボクの誕生日なのですが、仕事をお休みいただいたので昼から髪を切りに行ってきました。その美容室でたまたま The White Stripes の曲が流れていたので思い出したのでした。そういえばスマパンの新曲も流れてた。
 最近はほとんど CD を買うことはなくて、そして海外のうさんくさいダウンロードサイトを利用することもなくて、素直に iTunes Store で音楽を購入しております。この手軽さはやはり驚異的で、アルバム1枚買ったってそれを聞き始めることが出来るまでに1分もかからないのだからね。たまに『それ初回版の DVD 付きの CD で欲しかった』と彼女妻に言われたりするのですが、ボクはまあたぶん iTunes Store で売っているかぎりは、Radiohead 以外はダウンロード購入するだろうなと思います。

 それはそうと、昼に髪を切りに行った帰りに近所の量販店のゲームコーナーに立ち寄ったのですが DS 用のゼルダの伝説 夢幻の砂時計は売り切れでした。誕生日なので、という理由で自分に何かプレゼントしよう、という理由で買おうと思っていたのに。でも今日は夜に梅田で食事するのでその前にヨドバシカメラに行って探してみようと思います。元々ヨドバシカメラに行く用事はあったので(新しい炊飯器を買う)。
 そういえば、髪を切りに行く前に彼女妻の実家から郵送で大きな荷物が届きました。大きいのに軽いので何かなと思ったら観葉植物でした。枯らさないようにしないとね。これまでことごとく観葉植物という観葉植物を枯らしてきた2人なので、さっそく難題に直面という感じですが。。。サボテンを枯らしたからねぇ。。。

 髪を切ったあとで市役所に行って住民票とか取ってきました。彼女妻の姓が変わっているのを見てあらためて結婚したんだなあと思ったり。
 ここのところ市役所に行くことが多かったのですが、少なくともボクが行ったときに窓口で対応してくれた方は良くしてくれたと思います。ボクがいつも選んで並ぶ窓口のおばさんは良くしてくれるのだけど、その隣の窓口の人はあまり印象が良くないんですよね。お役所仕事なんて、とやっぱり一括りにしちゃいけないんだと思ったりしました。

ワルツを踊れ Tanz Walzer
くるり
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M) (2007/06/27)
売り上げランキング: 6
Icky Thump
Icky Thump
posted with amazlet on 07.06.28
The White Stripes
XL (2007/06/19)
売り上げランキング: 213
Zeitgeist
Zeitgeist
posted with amazlet on 07.06.28
The Smashing Pumpkins
Reprise / Wea (2007/07/10)
売り上げランキング: 3366
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
任天堂 (2007/06/23)
売り上げランキング: 2

風邪、社交性の無い生活の証明

 今週に入ってからどうも体調が良くなくて月曜日は仕事を休んで1日中家で寝ていたわけなんですが、どうも風邪をひいたみたいです。昨日は仕事帰りの電車の中でみるみるうちに両足から力が抜けていき立っているのにも意識して力を入れていないといけない状態になり、さすがに1滴のアルコールも摂取せずに12時前には寝ました。
 それで今朝起きてみてもまだ体はだるくて1日中ずっとそんな状態が続いていました。なのでとくに書くこともあまりないのですが、最近仕事以外で何をしてるかとか書いてみようと思います。

 アマゾンで DS の天外魔境IIを買ったので先週くらいからちびちびとプレイしています。昔、まだ十代の頃に PC エンジン版ではまりにはまった RPG なので今やってもなかなか楽しい。昔は気がつかなかった台詞の意味にこの年になって気がついたりしています。
 小説の方はロング・グッドバイを読み終えて以来、これといって集中して読むことが出来ていません。連休に金沢から大阪に戻るサンダーバードの車中でバースデイ・ストーリーズの短編を1つだけ読んでみたり、はたまたふと思い立って夜中にお風呂に入りながらスプートニクの恋人を読んでみたり。スプートニクの恋人は当時あまり好感を持って読み終えた記憶がなかったのだけど、作家のインタビューを読んだりして今読み返してみると村上春樹がインタビューで言ってたこの作品でやりたかったことというのはまあなんとなく読み取ることは出来る。だけど……って感じです。ただ物語をまったく覚えてないからまるで初めて読む小説のように新鮮な気分で読むことは出来てます。
 ただどちらも集中して読んでいません。集中して読めるような、否、読まずにはいられないような圧倒的な存在感を持った小説の出現を待つばかりです。
 あとはこの前も書いた MASHUP++ とか PHP×WebサービスAPIコネクションズとかをぱらぱらとめくっています。まとまった時間が出来たら API を利用して何か作ってみたいと思っているのです。
 そういえば土曜日に梅田の紀伊國屋で MASHUP++ を見ていたときに見つけたのが Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)。第1版は以前に会社に買ってもらったのですがいつかは手放すことになると思うので第2版は自分で買おうと思ったのでした。忘れてたので今から買います。ボクはこの本で subversion の基本を勉強しました。trac のインストールとかはネットで調べたような気がするけど、基本的な svn コマンド類はこの本の通りにまずやってみた記憶があります。バージョン管理システムの subversion と、ウェブでその履歴を一望できる(その他にもたくさんの機能がある)trac は仕事でもプライベートでも今ではかかせません。このブログのテンプレートから Movable Type のプラグインまで subversion + trac で管理しています。とても楽。
 音楽の方は Avril LavigneThe Best Damn Thing を良く聴いています。あとは Nine Inch NailsYear Zero とかくるりのベスト盤とか。

 基本的に平日は夜遅くまで仕事なのでたいしたことはしてません。音楽聴きながら家と会社を往復して、時間があれば本読んだりゲームしたりするくらいです。映画見たりするのは休みの日しか出来ないですね。
 しかしこうしてみると社交性のない生活を送っていますね。

天外魔境II ハドソン・ザ・ベスト
ハドソン (2007/03/15)
売り上げランキング: 411
ロング・グッドバイ
ロング・グッドバイ
posted with amazlet on 07.05.16
レイモンド・チャンドラー 村上 春樹
早川書房 (2007/03/08)
売り上げランキング: 714
バースデイ・ストーリーズ
村上 春樹
中央公論新社 (2006/01)
売り上げランキング: 202779
スプートニクの恋人
スプートニクの恋人
posted with amazlet on 07.05.16
村上 春樹
講談社 (2001/04)
売り上げランキング: 54229
MASHUP++
MASHUP++
posted with amazlet on 07.05.16
さうなまん
九天社 (2007/03)
売り上げランキング: 54817
PHP×WebサービスAPIコネクションズ
秋元 裕樹
ソフトバンククリエイティブ (2006/11/30)
売り上げランキング: 8502
Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
Mike Mason でびあんぐる
オーム社 (2007/04/21)
売り上げランキング: 23178
The Best Damn Thing
The Best Damn Thing
posted with amazlet on 07.05.16
Avril Lavigne
Columbia (2007/04/17)
売り上げランキング: 236
Year Zero
Year Zero
posted with amazlet on 07.05.16
Nine Inch Nails
Interscope Records (2007/04/17)
売り上げランキング: 133
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER
くるり
ビクターエンタテインメント (2006/07/26)
売り上げランキング: 621

no music nor book, no life

 最近は仕事が忙しくてじっくりとブログに取り組む時間も余裕も気力も確保できなかったり沸いてこなかったりそもそもそんなもの最初からなかったりしたわけですが、ブロガーの名に恥じないようにしなければならないと危惧しております。
 最近はどんな生活を送っているかというと、朝起きて会社に行って夜遅くに家に帰ってきて寝るという感じです。シンプル。それでも今日は仕事帰りに軽く1時間くらい飲んで帰ってきました。たまにはこうやって飲んで帰らないと、仕事ばかりしすぎだね。まあ仕事はキライじゃないけど、それに負けないくらいビールだってキライじゃない。両方を同時に出来ればいいのだけど仕事のプログラムはそういうわけにはいかないので、趣味のプログラムを週末にそんな感じでやってみましょうかね。
 先日久しぶりに CD を買いました。Cornelius の Sensuous とタイトルのアルバム。CD を買ったのはとても久しぶりです。めっきりネットで MP3 とかその他の音楽フォーマットのデジタルデータを購入することに慣れてしまいました。音楽も iPod やパソコンでしか再生しないし。Sensuous はナチュラルな音とそれとは異なる硬質な音が共存していて抑えめな感じがクールなんだけど内面は結構はじけているような感じがする。まだあまり聴きこんでいないけど、Cornelius はもうすっかり追いかけていなかったので、この10年ぶんくらいの音源をまとめて聴いてみようと思っています。最近は実は Scissor Sisters の2作目 Ta-Dah(邦題:ときめきダンシン)を好んで聴いています。デビューアルバムの Scissor Sisters も好んで聴いていたのですが、ディスコティックなダンスナンバーが心地良いんですよね。バンドのメンバーについてはほとんど何も知りませんが、5人のメンバーのうち女性は1人、ゲイが3人ということだけ知っています。
 最近は村上春樹を引き続き読んでいて、今朝から羊をめぐる冒険を読み始めました。いつもカバンには保坂和志のカンバセイション・ピース初めての Perl を入れていますが、だいたい読んでいる本に飽きたら別のを読むという感じになっています。初めての Perl に関してはもっとハイペースで進めたいのだけど、平日は家に帰ってくるのが遅くてなかなか時間が取れないし、休みの日は休みの日でなかなか集中できないという問題がある。
 だいたいいつもソファーの上でくつろぎながらになるのですがたいていテレビが付いているので、ここはひとつ、別の部屋に(今あるような簡易的なものではなくて)きちんと机と椅子を買って、液晶モニターも買ってノートパソコンの定位置となるようにしたい。くつろぐ場所と作業する場所をわけるのは良いことだと思うので、今度の3連休でなんとか片付けてみようかと思います。とりあえず先にモニター買っておこうかな。

Sensuous
Sensuous
posted with amazlet on 06.10.31
Cornelius
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/10/25)
Ta-Dah
Ta-Dah
posted with amazlet on 06.10.31
Scissor Sisters
Universal/Polydor (2006/09/26)
Scissor Sisters
Scissor Sisters
posted with amazlet on 06.10.31
Scissor Sisters
Universal Japan (2004/07/27)
売り上げランキング: 30,627
羊をめぐる冒険〈下〉
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 4,661
羊をめぐる冒険〈下〉
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 4,661
初めてのPerl
初めてのPerl
posted with amazlet on 06.10.31
ランダル・L. シュワルツ トム フェニックス Randal L. Schwartz Tom Phoenix 近藤 嘉雪
オライリージャパン
売り上げランキング: 7,193

最近の文学と音楽

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 アマゾンからアフィリエイトとかその他のキャンペーンのクーポンが届いたので買い物した。
 RadioheadのThom YorkeのソロアルバムThe Eraser。オンラインのミュージックストアでは買ったのだけど、好きなのでRadiohead関係はCDも買うのです。
 Ajaxイン・アクションは高かったので迷ったのだけど、クーポンを全額つぎ込んで購入しました。ちょうどブックカバーが付いてくるキャンペーンをしていたのでやってみた。文庫サイズのブックカバーなんだけど、文庫本は書店で買うことが多いので(書店のブックカバーを付けてもらうので)アマゾンで文庫本買ったときに使ってみようと思います。Ajax勉強せねばと思って買いました。
 先日、新潮文庫のキャンペーン(指定された100冊のうち、2冊を買って応募すればもれなくグッズがもらえるというもの)に合わせて文庫本を2冊買いました。保坂和志のカンバセイション・ピースと筒井康隆の最後の喫煙者です。前者は長編小説で今読んでいますがとてもおもしろい。人物が活き活きとしていて、読んでいて落ち着いた気持ちになります。後者はそのタイトルが気になって買ったのですが、表題作だけ読んでみました(短編集です)。ちょうどタバコが値上げされるタイミングで禁煙しようとか言ってたので。
 この前テレビを見ていたらくるりの人が出ていてベスト盤が出たことを知ったのですが、これまでほとんど聞いたことがなくて、この度ちょっと聞いてみたら良くてベスト盤ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVERを買おうかなと思っています。アップルのミュージックストアで買うとCDを買うよりも2000円くらい高くなるという香ばしい現象が起こっていますが、安い方で買えればいいのでCDで買います。せっかくだから初回限定盤いっとくか?
 そんなわけで、来月あたりはくるりを聞きながら保坂和志を読んでいることでしょう。

The Eraser
The Eraser
posted with amazlet on 06.07.28
Thom Yorke
XL (2006/07/11)
Ajaxイン・アクション
Ajaxイン・アクション
posted with amazlet on 06.07.28
Dave Crane Eric Pascarello Darren James 柏原 正三 株式会社はてな 網代 淳 星 睦
インプレス (2006/06/09)
カンバセイション・ピース
保坂 和志
新潮社 (2006/03)
最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉
筒井 康隆
新潮社 (2002/10)
売り上げランキング: 16,728
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)
くるり
ビクターエンタテインメント (2006/07/26)

Radiohead、阿部和重

 ボクはRadioheadというロックバンドの大ファンなのですが、最近ヨーロッパのツアーを終えて北米ツアー中の彼らのライブ音源をネットで落とすことが出来ました。日本でライブなんかに行くと入り口でカメラとかレコーダーを持っていないか確認されるけど、日本のライブでも音源は流出しているので誰かが録音しているのでしょう。法的にどういう取り扱いになる行為なのかよくわかりませんが、Radiohead自身がライブ音源をネットに流すことをたしか推奨していたと思う(推奨まではいかないにしても容認はしていたと思う)。これら音源のおかげで日本に来てくれないことでの鬱憤が晴らせるのか、はたまたなぜ日本でこれらの曲を演奏してくれないのかと鬱憤はいや増すことになるのかもよくわかりません。
 Radioheadといえば、今年のフジロックに来るかも知れないという噂が一時期流れていました。もしフジロックに来たらどうしようと悩んでいたのは、Radioheadが来るなら行かないわけにはいかないのだけど、さすがにフジロックに参加するだけの体力も気力も余力もないなあと実感していたからです。日本に来て欲しいとは言いつつも、やはり大阪に来て欲しいなと思いますね。それとも、フジロックに参加するよりは旅行も兼ねて海外のライブに行く方がむしろリアリティーを感じるというか。
 話は変わって、週末にアマゾンで買った阿部和重プラスティック・ソウルが一昨日くらいに届きました。通勤途中にちらちら読んでいますが、なかなか奇抜な小説ですな。主体の入れ替わりぶりはちょっとエキサイティングです。この小説は新作じゃないらしいですが、久しぶりに阿部和重に触れたこともあってネットを見ていたら、今は携帯電話向けに配信される小説を書いているらしいですね。ミステリアスセッティングというタイトルからしてミステリアスなセッティングの小説なんでしょうか。読んでみたいと思うけど携帯電話で小説を読む気にはならないので(メール配信ならまだしも)本が出るまで待ちます。ちなみに阿部和重の小説はいくつか読んだけど、シンセミアという大作の他にも刺激的な小説があるので(というか、ほとんど刺激的な小説です)なんでもいいから読んでみることをお勧めします。また他に刺激的な小説を書く作家がいたら教えて欲しいと思います。最近はまったく文壇の最新事情を追いかけていないので、誰が新人賞取ったとか、誰の5年ぶりに書き下ろし長編小説が出版されるとか、まったく知らないのです。

プラスティック・ソウル
阿部 和重
講談社 (2006/03)
シンセミア(上)
シンセミア(上)
posted with amazlet on 06.06.08
阿部 和重
朝日新聞社 (2003/10/17)
売り上げランキング: 134,008
シンセミア(下)
シンセミア(下)
posted with amazlet on 06.06.08
阿部 和重
朝日新聞社 (2003/10/17)
売り上げランキング: 186,172

Different Strokes by Different Folks

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 久しぶりにCDという物を買いました。音楽はもっぱらネットでデータを買うことが多かったのですが、日曜日に買い物していて立ち寄ったタワーレコードで試聴したらすぐ欲しくなったのでした。
 Different Strokes by Different Folks
 Sly & The Family Stoneのトリビュートアルバムです。Maroon 5なんかも参加しています。Sly & The Family Stoneは昔から好きで時々良く聴くのですが、Runnin’ Awayという曲を聴くといつも不思議な感覚に陥ります。経験したこともないような情景が懐かしく思い出されるというようなノスタルジックな感覚? 休みの日の朝に窓から柔らかな陽光が届く部屋にいて誰かが台所で作っているコーヒーの匂いをかいでいるような感覚? いずれにせよ、何らかの情景がただの情景ではなく自分自身と繋がりがあるものとして連想されるのです。聴くたびにこんな感覚を覚える曲はあまりありません。
 CDを買って帰って、さっそくiTunesで変換してからiPodに入れました。次にこのCDが再生されるのはいつになるのでしょう。休みの日の朝に窓から柔らかな陽光が届いていて台所からコーヒーの作る音と匂いがするようなときに再生しようと思います。

Different Strokes by Different Folks
Sly & The Family Stone
Sony (2006/02/07)
売り上げランキング: 47,616

打ち上げとBGM、必要と不必要

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 昨日は仕事帰りに同僚と飲みに行きました。今までいくつか案件をこなしてきましたが、これからは可能な限り打ち上げが出来ればなあと思いました。充実した仕事のあとでおいしいビールが飲めるなんて最高じゃないですか。
 梅田のキリンケラーヤマトでビールとカニサラダ(と他にもたくさん)を味わっていたら前の会社の同僚がひょっこり現れたりして最後までわいわい楽しいひとときでした。仕事の話もしたし、良い時間だったと思います。
 今日の昼に梅田の地下街を歩いていたらアコースティックギターをかき鳴らす聞き覚えのあるイントロが。まさかと思ったのですが、Radioheadのこのアルバムに入っているTrue Love Waitsという(比較的レアな)音源でした。しかし梅田の地下街に流れる曲としてこれほどふさわしくない曲は他にないというくらい、串カツ屋が立ち並ぶ地下街には不釣り合いな音楽でした。地下街に流れる音楽の選曲というのはいったい誰が行っているのでしょう。そういえば、最近めっきり行かなくなりましたが昔はわりとよく行っていた家の近所のスーパーでは夜遅くになると激しめのロックが流れていました。その選曲については、実際のところはわからないけど、レジにいる長髪のお兄さんが行っているのだろうと容易に推測できたのですが。
 にしても、レディオヘッドの流れる串カツ屋(それもけして今風のではなく古典的な串カツ屋)というのもなかなか素敵なような気がしてきました。昼に入った立ち食いそば屋には聞いたことのある演歌が流れていたけど、今となってはもうタイトルを思い出せません。

アイ・マイト・ビー・ロング(ライブ・レコーディングス)
レディオヘッド
東芝EMI (2001/11/07)
売り上げランキング: 24,874

たまには読者プレゼント

 下記プレゼントは終了しました。
 サマソニでiTMSで使える1曲無料カードをゲットしたので、たまにはいつもグリプラを読んで下さっている読者の方にプレゼントしようと思います。
 こういうのです。
One free song from iTunes.
 先着1名様にプレゼントしたいのですが、出来ればいつも読んで下さっている方に簡単な質問に答えて頂ければと思います。

  1. ボクがこの秋に取得を狙っている資格は何でしょう?

 最初にコメントいただいた方にメールでコードをお送りします(カードは家にあるので今夜になります)。iTMSで入力するとこんな感じ(『1曲名』)になります(2500円は付いてません)。
1曲名