あせも、子育てから学ぶこと

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 先々週末くらいに子供のおでこや首やおしりにあせもが出来ているのに気がついたので妻が皮膚科に連れて行って薬をもらってきました。保育園の先生のアドバイス通りに朝にもシャワーをするようにして、薬を塗って気をつけていたら一時はましになってきていたのだけど、昨日一昨日くらいに急にまた赤い発疹が広がってきているのを見付けたので、昨日保育園のあとで妻が再度皮膚科に連れて行ったらカンジタ性皮膚炎だと言われました(カンジタって性病だと思ってた)。いずれにせよ、皮膚の状態を清潔にしておくことにはかわりがないので、今朝もシャワーをして薬を塗りました。あせもよりも発疹の出方が激しいので見ているだけで可哀想になってきます。
 それで、ボクが子供の頃はお風呂上がりに天花粉をぱたぱたとよく付けられていたなあと思い出したりしました。呼び方はいろいろとあるみたいですが、最近ではあまり使われなくなっているみたいですね。妻もベビーパウダーは使わない方がいいと言っていました。あれはたぶん汗をかいても粉がすぐに吸収して肌がべたつかないという効果があったのでしょう。確かに、お風呂のあとで薬を塗っても遊んでいるうちにまたすぐに汗は出てきてますからね。ただそのせいで毛穴がふさがって、正常に汗がかけないようになったりもするみたいです。
 最近また育児に関する悲しい事件があったりしていろんな人がいろんな考えを言っています。ボクもいろいろ思うことはあるけれど、育児の大変さはそれを実際にしている人か間近で見ている人、関心がある人じゃないとわからないと思います。そして子供を育てるということが各家庭内だけの問題ではなく社会の持続性に関わる問題であるという認識を持つかどうかで、育児に対しての考えは大きく異なるでしょう。もっとも、ボク自身も自分に子供が出来るまでは無関心な方でしたし、今でも社会の持続性のことを考えて育児しているかというとそうではありませんと答えるでしょう。実際は日々の、目前の問題に向き合うだけでいっぱいいっぱいです。毎朝同じ問題が持ち上がると同時に、新たな問題がそこに加わります。それを子供の成長と喜ぶにはあまりにもゆとりのない生活を送らざるを得ないというのが正直な感想です。本当は子供の新しいぐずり方ひとつひとつを喜びたいのですが、仕事は毎日同じ時間にはじまるし、今のところそれに従わざるを得ません。
 毎朝、時間のない中で子供を保育園に送っていく準備と自分の出勤の準備をし、その過程で思うように動いてくれない子供に怒ってしまう自分が、つい声を荒げてしまう自分が嫌で仕方ありません。なんとか家を出て道中一緒に歌を歌ったりしながら保育園に預けたあと、ひとり会社へ向かう段になると嫌悪感に襲われます。どうしてあんな怒り方をしたんだろう、今日は早く帰って朝のことを子供に謝ろう、そして一緒に遊ぼう、と。また、もし朝怒ったことで子供が一緒に遊ぶのを嫌がったらどうしようと不安になりもします。毎日がそれの連続です。だから、子供が思うように動いてくれないときでもきちんと子供と向き合って、話をして、一緒にやることを決めていけるように心にも時間にも余裕がある生活にしなければなと思っています。
 子育てを通して自分を見直す日々であります。そこから何も学べないなら真性のアホですな。

夏風邪に気づけずに

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 良くないことだと反省しているのですが、平日は保育園の連絡帳に朝の体温を書かないといけないので息子の熱を測っているけど、週末はついついいろんなことが疎かになって、熱もほとんど測っていませんでした。確かにそんな状況では息子の体調の変化に気づくのが遅れるのも当然でしょう。もし体調が悪くてもすぐには気がつけず、毎週土曜日に通っているスイミングスクールでプールに入ったり、週末ということでちょっと遠出をしてみたりと、普段よりも体力を消耗するようなことを強いていることにもなりかねないのです。
 たぶんこの週末がそうだったのかもしれないと思うと、本当に可哀想なことをしたなあと思います。結局、月曜日の夜になって体が熱いんじゃないかということに気がついて熱を測ってみたら38度を超えていました。それでも本人は特にしんどそうな様子は見せず、遅い時間になって残した夜ごはんとバナナを食べたことを叱りつつ寝かしたようなところもあったのですが、裏を返せば夜ごはんをしっかりと食べられなかったのもしんどかったからなのかなと思ったりもしました。ベッドに入っても体が熱かったので水を飲むように促しても嫌がるのも、特に咳もしてなかったのでまさかのどが痛いからだとは思いもしませんでした。次の日の朝になっても熱が下がらなかったので、妻が朝に電話をしてキャンセル待ちだと言われた病児保育室に空きが出たので連れて行ったときに診察してもらってはじめて夏風邪でのどが痛いのだと分かったような次第でした。もっと早く息子の症状に気づいてあげれていればと思うと、やっぱり毎朝きちんと熱を測らないといけないなとか、様子をよく見てどこか普段と違うところがないかとか、注意しないといけませんね。反省しています。
 昨日今日と、出勤前に息子を病児保育室に送っていきました。小児科に併設されている病児保育室で、預ける前に必ず診察があります。息子は昨日はまだ少ししんどかったのかおとなしめだったけど、今日は熱も少し下がってきて元気にしていました。病院に着くなり中に入るのを拒否して散歩に連れて行けと言います。なんとかなだめて中に入って診察を受けて、いざ病児保育室に連れて行こうとすると泣きながら外に連れて行けと主張します。病児保育室でもずっと泣きっぱなしで、無理矢理保育士さんに預けて出て行こうとすると泣きわめきが絶頂に達します。そのまま子供を抱いて、彼が望むように外を散歩しながら家に連れて帰って1日そばにいて様子を見ることが出来たらどれだけ素晴らしいだろうと思いながら、泣いた子供と別れて仕事に向かいました。でもそのうち息子の願いを叶えてあげようと思います。

すのこベッド

 最近は毎日蒸し暑くて、特に寝室が蒸し暑くて寝苦しく、でもエアコンのドライを入れると室温が下がって寒い寒いと言われるし、息子もちょっと咳をし出したりして可哀想になって、だからといって我慢できるような蒸し暑さでもないので、思い立ってすのこベッドとマットレスを購入することにしました。シングルを2つ買って並べれば親子3人で広々と眠れるでしょうという目論見は見事的中して、とても快適です。ただマットレスの固さに慣れるのに少し時間がかかるかも知れませんが(腰痛持ちなので固めのマットレスが良いということでしたので。だいぶ慣れてきました。)
 すのこベッドが快適というのもあるけど、これまで寝ていた敷き布団がもうすっかり古いというのもあったでしょう。妻と同棲を始めたときに買った布団ですからね。もうかれこれ10年選手です。そういうわけで、すっかりカビが生えてきた書斎の椅子と一緒に区の粗大ゴミセンターに引き取ってもらうことにしました。数多の夜をその上で過ごした敷き布団との別れを思うと枕を濡らさないわけにはいかない、ということは全然なくてさっさと持って行ってもらいたい。
 寝室を快適にして睡眠の質を高めたいというのはずっと思っていて、というのも平均するとけして睡眠時間は短くはないと思うのですが、どうも疲れが抜けきらないように思えて仕方なかったからです。あまり派手にお金を使うことは避けたい夫婦なのですが、息子も喜んでいるし安かったし、なかなか良い買い物だったのではないかと思います。
 さっそく、今朝方『ドスンッ』という大きい音に目を覚ましたら息子が頭から下に落ちていました。慌てて妻が引き上げたのだけど、息子は眠ったままでした。痛くなかったのかな。

息子の2歳の誕生日に思うこと

 早いもので今年も半分が終わり、息子が2歳になりました。本当に早いものです。
 最近は息子を毎朝保育園に送っていくのにベビーカーを使っていません。荷物が多いときには使いますが、基本は散歩がてら一緒にてくてく歩いて行ってます……ベビーカーをやめた最初のころはそうだったのですが、先週くらいから家を出て数メートル歩くともう抱っこを求めてきます。それでも当初は途中で降ろしたらしばらくは歩いてくれてまた抱っこを求めてくるということの繰り返しだったのが、ここ数日は一度抱っこすると降りてくれなくなって、それで家から保育園までほとんど抱いたまま連れて行っています。
 息子はとにかく外に出るのが好きでいつも良く『さんぽ、さんぽ』と言っては外に出たがるのですが、どうやら彼にとっての『さんぽ』には『歩く』ことは含まれていないようです。だって毎朝『さんぽ、さんぽ』と言って外に出たがるのに、いざ保育園に行く段になって外に出ると数メートル歩いただけで『だっこ、だっこ』と言って抱っこをせがんでくるのですから。
 まあスキンシップの観点からはボクは喜ばしく感じているのだけど、自分の荷物(カバンとかお弁当とか)と保育園に持って行く荷物(息子のもの。エプロンとかタオルとか毎日交換しないといけないものから、衣類の補充や最近では水遊びがはじまったのでバスタオルとか)を抱えて息子を抱くとなるとけっこうな負担になります。特に最近は蒸し暑いので、それらの荷物をすべて抱えて保育園まで15分から20分くらい歩くとなると汗だくにならないわけがない。それでも、いくら汗だくになろうと両腕が疲れようと腰が痛もうと、息子を抱きかかえて顔を近づけた状態でお話をする時間は何物にも代え難いのもまた確かなのです。けして苦痛なわけではありません。もうちょっと歩いてくれたらいいな、その方が運動にもなるよ、と思いはするけど。
 しかしこういう何もかもがこの時期にしか経験できないのだと思うと、いつかこういう何もかもが失われてしまうのだと思うと、悲しさに捕らわれてしまうことが間違ったことなのだと分かっていても避けることが出来ない。この先もその時々の関係性の中で、その時々にしか経験出来ない時間を貴重に、いつの日か息子にこういった何もかもを告白できる日が来ればなあと思うのでした。そのためにも忘れないように書き留めておかなければと思います。

35歳になりました

 35歳になりました。お祝いメッセージをいただきありがとうございます。中には多少意味の読み取れなかったメッセージもあったのですが、きっとボクのいないところでお祝いの杯を開けてくれていたのでしょう。
 誕生日に入籍したのと(結婚式はしてません)、息子の誕生日がボクの誕生日の3日後ということもあって、去年もそうだったのですが、今年も合同祝賀会となりました。今年はちょっとしたお祝いの食事を先週末に家で作って食べて、ケーキは今週末に家で作るか買ってくるかしようという段取りになっています。1週間丸々お祝いムードというわけにもいかないですが、楽しみは持続してくれたほうが良いですからね。それにおいしい食事とおいしいケーキを1日で平らげてしまうのは摂取カロリーの観点からもあまり薦められたものじゃないはずです。もっとも、摂取カロリーのことを言うなら食後に並んだ缶ビールの空き缶のことをどのように説明すればよいかわかりませんが。。
 35歳がどんな1年になるのかわかりませんが、家族が健康で、息子の成長を穏やかな時間の中で見守っていければなあと思います。

スーパーマンはもういない

 この間ふと思い出したのだけど、かつて自分は『スーパーマンじゃない』と宣言した人がいた。その人はボクがはじめて勤めた会社のたしか係長で、といっても係長も課長もへったくれもないような会社だったのだけど、あまりの重労働とへったくれもない上司の理不尽さに耐えかねてそのような宣言を残して会社を辞めたのでした。
 あれから10年弱の時が過ぎ、実に様々な人たちを見てきて思い続けてきたことは、どこかから突然現れてボクを(あるいは状況を)救ってくれるスーパーマンはどこにもいないということだった。もちろんボク自身もスーパーマンではない。スーパーマンなどどこにもいなくて、ただの『マン』がいるだけ(スーパーパーソン、パーソン、というべき?)
 しかしそのような見解に至ると物事は単純になる。自分やこの状況のために誰かが何かをしてくれるという期待をそもそも持たなくて済むのだから、余計なステップを踏むことなく最初から意味のあることに取り組むことが出来る。それはつまり、自分やこの状況にある問題を解決するためには自分で何とかするしかないということだ。実在するのかどうかもわからない誰かに期待する時間があれば、特にスーパーでもないわけだけどそれなりに付き合いの長い知恵を絞っている方が余程有益なのではないかな。
 ところで、ボクの最近のテーマは『相談相手を見極める』です。

Chromeと@font-face

 バージョン3からずっと Firefox をメインのブラウザとして家でも会社でも使ってきたのですが、最近 Mac の安定版がリリースされた Chrome に乗り換えることが出来るか(Firefox でしていたことが Chrome でどこまで実現可能か)試してみました。結論から言うと、いくつか実現出来ない機能があることにはあるのですが、代替手段があったり、もしなくてもそんなに困らない機能だったりして、機能的には許容範囲、スピードとメモリ使用量の点ではむしろ Chrome の方が満足のいくものとなりました。
 Yahoo! JAPAN のトップページのフォント指定が MSゴシックか MS Pゴシックなのが嫌だったのを、Firefox のアドオン Stylish で次のような css を適用してヒラギノ角ゴシックで表示するようにしていました。

@font-face {
    font-family: "MS PGothic";
    src: local("Hiragino Kaku Gothic Pro W3");
}
@font-face {
    font-family: "MS Gothic";
    src: local("Hiragino Kaku Gothic Pro W3");
}

 Chrome にも同じ Stylish という拡張機能があったので同様に指定してみたのですが、どうも @font-face の取り扱いが異なるようでそのままではうまく表示されませんでした。ブラウザによってサポート状況が異なるようです。
 そこで、安全な@font-faceの書き方(抄訳)を参考にして以下のように書き直してみました。

@font-face {
    font-family: "MS PGothic";
    src: url('ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf');
    src: local('Hiragino Kaku Gothic Pro W3'), local('Hiragino Kaku Gothic Pro'),
        url('ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf') format('opentype');
}
@font-face {
    font-family: "MS Gothic";
    src: url('ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf');
    src: local('Hiragino Kaku Gothic Pro W3'), local('Hiragino Kaku Gothic Pro'),
        url('ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf') format('opentype');
}

 これでばっちり Yahoo! JAPAN のトップがヒラギノ角ゴシックで表示されるようになりました。’Applies to Everything’にしておけばブラウジング中に MS ゴシックを目にすることもなくなりそうですね :p

 夕方の飛行機で羽田から富山空港に飛び、妻の実家で夜ごはんを食べて子供が寝た後で、子供を妻の両親にまかせて夫婦でカラオケに出かけることにしました。朝の4時までカラオケボックスで歌って飲むなんてことは東京では今のところ絶対に不可能なことです。妻とカラオケに行くのは久しぶりでした。隣の市にあるそのカラオケボックスは飲み放題メニューが充実していて素晴らしかったです。ビールが数種類ありました。帰りは運転代行をはじめて頼みました。さすがに道に詳しいですね。
 その日は昼まで寝て、午後は隣町の公園にみんなで遊びに行きました。息子とおじいちゃん(妻の父)がとても楽しそうでした。ボクも息子と一緒に大きな滑り台を滑ったりして楽しかったです。
 その翌日は妻のおばあちゃんの喜寿を祝うサプライズパーティー。妻と妻のお母さんがおばあちゃんには秘密にしていろいろと準備を進めてきたようで、改築した蔵のお披露目もかねてのパーティーとなりました。花束をひいおばあちゃんに渡すという大役をこなした息子は立派でした。有名な書道家に書いてもらったという祝いの書の入った額もありました。食事の後では大きなケーキも出てきました。ボクほどのケーキ好きが、その場の人数に合わせて12等分したのを食べきれなかったほどです。
 隣のシアタールームでカールじいさんの空飛ぶ家をみんなで見ました。ぐずるかなと思っていた息子が思いの外おとなしく見ていたのが意外でしたが、深夜に見たアバターなんかよりはずっと面白かったのでボクもカールじいさんの方が良い映画だと思いました。
 翌日は息子より3ヶ月くらいお兄ちゃんの子がいる親戚の親子と一緒に動物園に行きました。前にも一度行ったことがあるのですが、そのときは全部見て回ることが出来なくて、今度も全部見て回ることは出来なかったのだけど、前回とは違うところを見ることが出来ました。それでもやはり見るべきところはいつも同じで、キリンとか虎なんかは毎回見ないと気が済まないようなものです。あるいはボクも息子もただキリンが好きだというだけかもしれないけれど。山羊を触ることが出来るところでは息子は山羊をなでて顔をのぞき込んでいました。
 その夜、動物園の帰りに焼き肉屋に行ったのですが1時間くらい駐車場の車のなかで待ちました。もっとも、動物園に行かなかった妻のお父さんと妹とが合流したちょうどそのときに順番が回ってきたのでよかったのですが。妻の妹はその夜、車でひとり大阪へと旅立っていきました。ボクたちは次の日の朝5時起きで朝一の飛行機で東京に帰ってきました。
 連休中、息子がいろんな人と会っていろんな表情をしたりいろんな言葉を発したりしているのを見聞きして、とても楽しかったです。東京ではなかなかいろんな人に会うことが出来ないので、こういうときにいろんな人に会うことが息子にとっても良いことだなあと改めて思った連休でした。

 あっという間にゴールデンウィークも終わりました。もちろん、その前に4月も終わっています。『あれも書きたい』『これも書きたい』と思いながらもほとんどブログを書くことなく4月が終わってしまったことを今でも悔やんでいます。たとえば妻の会社の花見に参加したときのことや、1Q84を最初っから読み返したことや、息子の蟯虫検査をしたことや(朝に肛門にシールをペッタンとした)、咳が止まらなくて耳鼻科に行ったことや、そのあとで処方箋を持って訪れた薬局の女性店員のことや、週末に昭和記念公園に遊びに行ったことや、仕事面では立場が変わってきていろいろと思うところがあることとか、とにかく4月はネタには事欠かなかったはずなのに、月の初めに数度書いただけで終わってしまいました。過ぎてしまったことは仕方がないので、記録しておきたくて思い出せそうなことは後日書くかもしれません。

 ゴールデンウィークは4月30日に代休を取ったので1週間の休みとなりました。29日は妻が出勤だったので保育園がお休みの息子と2人で過ごしました。家で遊んで一緒にごはんを食べてお昼寝をして、午後に散歩に出て仕事終わりの妻を迎えに行きました。30日は妻は出勤で息子も保育園だったので朝から送っていきました。夕方に妻が息子を迎えに行って帰ってくるまでの自由時間をどうしてやろうかしらと思って、とりあえずビールを飲みながら家で使っている MacBookSnow Leopard にバージョンアップすることにしました。というのも、これまでは Snow Leopard にバージョンアップする必要性がなかったのですが、最近会社で使う MacBook Pro が Snow Leopard になったからです。ただ新しい物を使いたいという理由だけでバージョンアップするようなことはしません。日常的に異なるバージョンの OS を使い続けたことは過去にもあったのですが、一緒の方が何かと便利なことは言うまでもないでしょう。
 4月に出かけた水族館や昭和記念公園での写真を祖父母にも見せてあげたいということで、バージョンアップほやほやの MacBook を持って、5月1日の夕方に羽田から富山に飛行機で向かいました。飛行機に乗ることがすっかり年中行事になってしまい、徐々に飛行機に対する恐怖心が消えていっています。もちろん、ボクが恐怖心を感じれば感じるほど飛行機は安定して飛行するというわけではないのですが、何か危険をはらんでいる可能性のあるものに対して緊張しないということは良くないんじゃないかと思ってしまいます。まあ必要以上に緊張する必要はないということでしょうけど。羽田から富山に飛んだ飛行機は真ん中の通路の両側に3席ずつあるだけの小型のものでした。上空でのドリンクサービスも縮小されていましたが、期間限定でジュースとスターバックスのコーヒーが無料だったのできっちりいただきました。
 空港には妻のお母さんとおばあちゃんが迎えに来てくれていて、1時間くらいかけて実家に帰ると妻のお父さんが出迎えてくれました。息子はおじいちゃんが大好きで、実家にいる間ずっと『じいちゃん、じいちゃん』と言っておんぶしてもらっていました。実家で飼っている猫を見るのが好きみたいでじいちゃんに連れて行ってもらうのですが、家の中に戻ってきて下に降ろすなり再び『にゃんにゃん』といって連れて行ってもらうと言うことを延々と繰り返していました。その間、ボクも妻も子供の面倒を見るのをすっかり休んでゆっくりさせてもらいました。

 次回に続く。

しながわ水族館に行ってきました

 日曜日に子供を連れてしながわ水族館に行ってきました。水族館に行こう行こうと言いながら、子供が熱を出したり、ボクが休みの日も仕事しないといけなかったりとなかなか都合が合わず、3週間越しでようやく行くことが出来ました。息子はもちろんはじめての水族館だし、ボクも妻も大阪で海遊館に行って以来なのでもう何年ぶりでしょうか。
 到着したらちょうどイルカショーが始まったところでした。急いで見に行ったらすでに立ち見が出るくらいの盛況でした。飛び跳ねたり回転したりするイルカたちに大喜びの息子に負けず劣らず、ボクも妻も声を出して驚いていました。イルカショーが終わったので再び入り口に戻って一から水槽を見ていきました。ボクはもっぱらビデオカメラで息子を撮っていたので各水槽にどのような種類の魚がいたのか詳しくは見られませんでしたが、息子が喜んでいる様子がたっぷり見られたので良かったです。水族館は1階と地下1階の2フロアだったのですが、地下はトンネル水槽になっていました。大きなエイや大きな亀が頭上を泳いでいくのが割とメインディッシュな感じなのかなと思うのですが、個人的には色鮮やかな熱帯魚やカクレクマノミがやっぱり綺麗で見ていて楽しかったです。最後のアシカショーとペンギンを見たのですが、アシカショーはイルカショーよりも心動かされました。なぜかわからないけど見ていると涙がこぼれそうになってきたほどです。どうしてでしょう。人間に良いように扱われているアシカが可哀想に思えたのでしょうか。
 しながわ水族館は子供を連れて行くにはちょうど良いくらいの広さだったと思いました。けして広すぎないという意味ですが、広すぎると全部見て回るのに疲れるし、これくらいがいいなと思える広さ・狭さでした。水族館に隣接しているレストランドルフィンには惹かれませんでした(いるかホテルなら惹かれるけど)。行きはJR大森駅から歩いたのですが、帰りはシャトルバスでJR大井町に出て、カフェで高いコーヒーを飲んだり、ロフトで4色ボールペンにときめいたり、ユニクロで服を見たりして帰ろうとしたら、先月末まで息子を通わせていた保育園の保育士さんにばったり出くわしました。実は先日も週末に外出先で出くわしたのですが、ボクはほとんど面識がないんですよね(妻は迎えにときに何度か会ったことがあるみたいですが、ボクが送っていくときには見たことがありません)
 息子は水族館で魚さんも見られたし、電車もたくさん見られてご機嫌でした。帰りには雨がぱらつきだしたのですが、夕方にはまた上がったのでたこ焼きの材料を買いに出て、みんなで一緒に食べました。