タグ「MovableType」が付けられているもの

 ワールドカップ決勝戦は、結局同点のまま延長戦に突入するあたりで力尽きて寝てしまいました。3時間強眠って目が覚めると、テレビではイタリアの勝利とジダンの頭突きが伝えられていました。まさかそんなことが起こっていたとは。肝心なところで歴史の目撃者にはなれなかったようです。
 昼休みに久しぶりにある喫茶店に行きました。この喫茶店にはじめてきたのは高校生の時だったでしょうか。高校の先輩にあたるMさんに連れてきてもらったのが初めてだったと記憶しています。その頃は小説を書いたりして、仲間で原稿を持ち寄って本を作ったりしていました。楽しかった。その後も梅田で本を買って読むのに使ったり、仕事帰りに休憩に立ち寄ったり、彼女と来たり友達と来たりとお気に入りの店です。何がお気に入りなのかと改めて考えてみると、高架下なので電車の通る音は時折うるさいし、時間帯によってはけっこう混雑していたりするので静かでゆっくりできるというのでもないし、コーヒーを淹れているのはマスターというよりは大将という外見のランニングシャツを着たバカボンのパパみたいな人だし、こうやって並べるとなぜその喫茶店に行くのかわからないと思われるけど、やっぱり昔から足を運んでいる店が今もまだ存在しているというのは代え難い何かであるのですね。久しぶりに行って、午前中に会社のプリンターで出力しておいたHTML::Templateのマニュアルを読んだりしました。
 9時過ぎに帰ってきてごはんを食べて、シャワーしてから少しMovable Typeのプラグインを書いてみました。といってもオリジナルではなく、3.2までBigPAPIプラグインとして提供されていたプラグインを3.3のTransformerプラグインに書き直す練習をしました。

  • EntryTitleFull.pl
    エントリー一覧のページでエントリーのタイトルが途中までしか表示されないという問題を解消します。元ネタは小粋空間DisplayEntryTitleプラグインです。
  • UpdateEntryPostTime.pl
    新規エントリー投稿画面で文章を書いたりしていると、特に長文になればなるほど、エントリーの投稿日時と書き終えた時間とに差が出来てしまいます。このプラグインで追加されるボタンをクリックすれば、エントリー投稿日時にクリックした時点の時刻が挿入されます。元ネタはUpdateAuthoredOnプラグインです。

 あくまでTransformerプラグインの練習用に書いたものです。オリジナルプラグインではない点をご了承ください。

 MT の管理画面にエラーログが出るという報告をいただいたので修正しました。

Movable Type 3.3の未知のバグ

 MovableType3.3には既知のバグがあり近日中に修正バージョンがリリースされるそうですが、修正アナウンスでは触れられていないバグというかミスをひとつ。
 3.3からテンプレート>システムに場所が移動した検索結果のテンプレートですが、サイドバーのHTML構造が他のテンプレートと微妙に異なるため、cssの記述によっては期待したレイアウトが再現されません。
 検索結果のテンプレートのサイドバー(id=”beta” 内)には、

<div class="module-search-feed module">
   <div class="module-content">
       <h2 class="module-header">購読</h2>
       <p><$MTGetVar name="search_feed_description">  [<a href="http://www.sixapart.jp/about/feeds">フィードとは</a>]</p>
       <p>
           <img src="<$MTStaticWebPath$>images/status_icons/feed.gif" alt="<$MTGetVar name="search_feed_text"$>" width="9" height="9" /> <a href="<$MTCGIPath$><$MTSearchScript$>?<$MTGetVar name="search_feed_param"$>=<$MTSearchString$>&amp;Template=feed&amp;IncludeBlogs=<$MTSearchIncludeBlogs$>" title="フィードを取得">フィードを取得</a>
       </p>
   </div>
</div>

 とありますが、他のテンプレートと同じ構造にするためには <h2 class="module-header"><div class="module-content"> の前に出ていないといけません。最初の部分だけ再引用すると、

<div class="module-search-feed module">
   <h2 class="module-header">購読</h2>
       <div class="module-content">

 とならなければならないということです。他のテンプレートではきちんとこのようにコーディングされているので、なぜ検索結果だけが異なった構造になっているのかはわかりません。あえてそうするメリットは見あたらないので単なるミスではないかと推測しています。
 もうひとつ、こちらは3.3のベータ版に付属していた、feeds-app-lite プラグインが生成するWidget テンプレートも独自の構造を持っています。サイドバーに表示させることを想定しているはずなのに、どうして構造を共通させないのでしょうか。
 feeds-app-lite は日本語正式版には付属していないので、検索結果のテンプレートについては次のリリースで改善されていることを期待します。

困ったらログを読め

 今週末は久しぶりに仕事のことを考えなくてもいい(もちろん、実際に仕事もしなくていい)週末になりました。この3週間くらいずっと働き過ぎていたので、何かを取り戻させていただきます。それがなにか、まず見極めないといけないのですがね。
 金曜日の夜はいつの間にか眠ってしまっていて、夜中にあまりの暑さに目が覚めて家中の窓を開けてまわり、窓を開けたついでに冷蔵庫も開けて野菜ジュースをがぶ飲みしたと記憶がうっすらとあります。きちんと起きたのは朝の9時前で、土曜日の午前中にケーブルテレビのアンテナチェックが入ることになっていたので起きたのでした。調査員は律儀に9時ちょうどのやってきて、事前に知らされていた数十分という作業時間を大幅に短縮して5分もかからずに帰って行きました。またもう一度寝ても良かったのだけど(とても魅力的な選択肢でした)いろいろあってシャワーをして目を覚ましてからメールチェックしようとすると、どうもおかしい。メインに使っているアカウントに昨日の昼からまったくメールが届いていないようなのです。連日、スパムメールが届くアカウントだからそれは明らかにおかしくて、試しに他のアカウントから送信しても届いていないようでした。昨日の昼にサーバで行った作業があったので、きっとそれが影響しているのだという目星はついたのだけど、その前に彼女と近所のスターバックスにコーヒーを飲みに出かけました。
 スターバックスで彼女としばらく話してから、そのままそこに残って明日の資格試験の勉強をする彼女を残して、ひとりでボクは帰ってきました。そしてさっそく、サーバにログインしてmaillogを見てみる……やはり、昨日の昼にmailmanをアンインストールしたのが原因でした。そのときに、postfixの設定(main.cf)を書き換えるのを忘れていて、virtual_alias_maps に mailman のファイルを指定したままでした。mailmanをアンインストールした時点でそのファイルはなくなっているので、それでpostfixがきちんと動作していなかったようです。該当箇所を修正して問題解決。困ったときはとりあえずログを読むことに限りますね。
 それで、日中はこのブログをあれこれカスタマイズしていました。とりあえずMovable Type 3.3にバージョンアップしたかったのですが、特にタグ周りの動作がすべて3.3標準の機能(+プラグイン)で再現できるようになるまで待った方がいいのかなと思ったりして、新しいデザインをなんとなくIllustratorとPhotoshopで作り始めたのだけどうまくいかなくて、とりあえず現状のデザインで見た目はレイアウトの変更程度にし、内部的に3.3のWidget Managerの利用を見越してテンプレートをパーツ化する作業をしました。しばらくの間、見た目がときどき変わっていくかもしれません。
 試験勉強が一段落ついた彼女とそのまま近所のスーパーで買い物をして、夜ごはんにたこ焼きを作って食べました。そしてボクはブログのカスタマイズの続きを、彼女は試験勉強の続きをしています。

Movable Type 3.3 正式リリース

 6月28日といえばボクの誕生日ですが、なんとその日にMovable Type 3.3 日本語版がリリースされました。もっとも、リリースが発表された時刻にはボクたちはカラオケボックスで騒いでいたので、リリースを知ったのは夜遅く家に帰ってからだったのですが。
 ベータ版をとりあえずサーバに入れて試したりはしてたのですが、たまたま仕事の繁忙期と重なってしまってじっくりと触る余裕がありませんでした。とりあえず、これまでのバージョンでタグおよびタグクラウドを可能にしてくださったogawaさんTagwire Pluginから、3.3純正のタグ機能に変換するところまでは試してみた。
 週末にこのブログも3.3にバージョンアップしてみようと思ってはいますが、デザインも変更しようと思っています。週末にすべて完了するかどうか。綺麗なデザインが出来るといいのですが。
 ちなみに、英語版の方はリリースが遅れているようです。  同僚のnaeさんのブログ、nibbaana.comがさっそく3.3にアップグレードされてました。

東京出張(6/15-17)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 木曜日から東京本社に出張に行ってきました。出張の目的は、Movable Type Bootleg Roll No. 3.3に参加してMovable Type新しいバージョンを業務に活かすことです。他に授かった指令も果たしたし、貴重な情報をいただいたり、久しぶりにエキサイティングな時間を過ごすことが出来たり、数年ぶりにエレキギターを弾いて弦をおさえていた指先が痛くなったりしました。
 木曜日は昼頃に本社に入り(というのも、前日終電のがして歩いて帰ったくらいなので許してもらった)日中は開発作業を、夕方に会社を出てMovable Type Bootleg Roll No. 3.3に参加させていただき、そのセミナーでトークされた平田さんと一緒に移動して銀座のアップルストアで行われていたCSS Niteのアフター・イベント(打ち上げ)CSS Fightにも参加させていただきました。MT3.3にも触れられたし、いろいろ刺激になる話も出来てこの日はご満悦でした。ただ雨が降っていたのと、ホテルの最寄り駅から道に迷って一区画分遠回りをしてしまってカバンがびしょびしょになったことと、寝る前に飲み物を買いに部屋を出たらカードキーが効かなくなってフロントまで交換に行ったりしたことを除けば。
 金曜日も日中は作業したり打ち合わせしたりといつもと同じ感じ。東京に来て大阪の案件をしているというよく考えなくとも変な感じがしたのですが、とにかく問題も課題も苦難も山積状態でどうすればいいのかわからないけど、誰もどうにかしてくれないので自分たちでどうにかしていかないと仕方ないなと半ば諦め気味だけどしっかり前向きに考えてはいます。
 金曜日の夜はたまたま東京本社で新しく入社された方の歓迎会があったのでボクも参加させていただくことになりました。ただ、残した仕事があり、大阪の同僚と一緒に作業をしているのですが仕事をお願いしたまま出てしまったのが気がかりでした(途中で連絡をして、あとは引き継ぐので帰ってくださいと言った)。副社長の隣に座っていたのですが、問題があればあるほどやりがいがあるというのは確かにその通りだと思いました。問題を解決するためにもっと主体的に動かなければな、と。歓迎会のあとで会社に戻り作業の続きをし、夜はKさん宅に泊めていただくことになったので終電で移動、少し休憩してから作業の続きをして寝ました。
 土曜の朝に前日の作業の直しを少しして、大阪の同僚のTさんとチャットで少し話し、Kさんと中目黒のラーメン屋で食事をしてから大阪への帰路につきました。中目黒から恵比寿、恵比寿から品川に移動してお土産を抱えて新幹線に乗りました。新幹線ではほとんど眠っていて、名古屋に着いたときに目が覚めたけどまたすぐに眠りに落ちてしまった。次は京都で目が覚めたけど、ここでもう一度眠るのは危険だと思い(新幹線が福岡行きだったので)起きることにしました。新大阪に着くと彼女が迎えに来てくれていたので、ファストフードで軽く食事してから帰りました。

 月曜日にとんでもない負け方を見るために9時半過ぎにあわてて会社を出たのを最後に、昨日も今日も終電に間に合わず一駅分歩いて帰るという羽目になってしまいました。しかも明日は東京出張。ここのところはずっと忙しい忙しいと言っているような気がするけど、また実際そうだけど、もっとはやく仕事を処理していく術を身につけねば。集中している時間を出来るだけ長引かせるためには体力も身につけなければならないと感じた日でした。
 そんな生活を送っているので、ゆっくり出来るのは週末だけです。この間の日曜日は久しぶりに岩盤浴に行ってきました。大量の汗をかき、スターバックスで休憩してから30分くらい大阪の街を散歩がてら移動して買い物してきました。東急ハンズで耳かきを(ずっと使っていたものを、シュレッダーに詰まった紙くずを掻き出すのに使ったときに壊してしまった)、無印良品で化粧水やらなんやかんやを購入。夕食に道頓堀はり重でボクはハヤシライスを、彼女は他人丼みたいなの(名前忘れた)を食べました。はり重って有名な店みたいですね。30年間大阪に住んでいて何度も店の前を通っているので改めて言われれば『ああ、あそこの』と思い出せるけど特に気にとまるような存在じゃなかったのです。味の方も特に気にとまるような存在感はありませんでしたが、牛肉が柔らかくておいしかったです。
 月曜日はワールドカップの日本対オーストラリア戦を見るためにあわてて会社を出たのですが、キックオフには間に合いませんでした。前半に先制点を上げてからはなかなか点も取れずに後半になっても攻められつつときどき攻めつつという感じだったのが、残り6分からのあの負け方には呆然としてしまった。でも試合が終了したあとに思ったことは、『やっぱり日本ダメだな』でも『最後の最後に気を抜いてしまうのは国民性なのか』でもなく、『まだ次がある』であり『あと2つ勝てばいいんだ』だったのでした。次の試合で見違える動きをしてくれることを期待しています。
 火曜も水曜も帰宅したのは深夜0時を過ぎていました。なので明日の東京出張は朝が辛いのですが、12時までに入ればよいということなので、せめて11時半には着くように行こうと思っています。今回の主な予定はMovable Type Bootleg Roll No. 3.3です。あとは仕事。本当は今日中に終わらせて綺麗な体になって東京で別の案件に取りかかるつもりだったのが(ホントのホントは今週の頭からそうしようと思ってた)、作業が思っていたより大幅に時間がかかってしまいそうで、明日もとりあえず今日の続きをすることになりそうです。まいった。行きの新幹線でコーディングするか、というのが冗談に聞こえてこない状況です。

Movable Type 3.3 ベータテスト開始

 Movable Type 3.3のベータテストが開始されました。日本語版が来るとは思ってなかったので少しびっくり。
 Movable Type 3.3 ベータテスト開始
 さっそく自鯖に入れてみましたが、不具合らしきものを発見。2回インストールして現象が再現されたので、まあボクの環境だけなのかもしれないですけど。
 インストール後に生成されているブログでテンプレート関連の日本語がすべて文字化けしているというものです。テンプレートの名前から、テンプレートの中身まですべて。自分で新しくブログを作成するとその現象は起こりません。なので最初からあるブログは消して2個目のブログで試してみる事にしました。

iPod suffleと出張

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 先週友達と飲みに行ったときにFさんからiPod suffle 1GBをいただいた。だいぶ前に知り合いから安く譲り受けたそうなのだけど、どうにも自宅のパソコンとの相性が悪いのか使うことが出来なかったそうな。Fさん曰く、『ソニーはアップルを排除している』らしい。そんなことはたぶんないと思うのだけど、FさんのバイオでiPod suffleが使えなかったのは事実のようなので、使い道のなくなったそれがボクのところにまわってくることとなりました。
 たまたま仕事帰りでThinkPadが手元にあったので焼き肉屋で繋いでみたところすんなりマウントしました。iTunesを入れてなかったので曲のコピーまでは出来ませんでしたが、Fさんのバイオではマウントすらしなかったそうですからやっぱり相性の問題だったのでしょう。家に帰ってiTunesで曲をコピーして普通に使えました。でもボクは3G iPodを持っているので使い道がありません。USBメモリとして使うにしても、家のPowerBookはUSB2.0じゃないので転送速度の問題もありますし。ビートルズ全アルバムでも入れてFさんにお返しするか、それともジョギングでもはじめようかしら。
 話は変わって、明日から東京に一泊で出張に行きます。YAPC::Asia 2006 Tokyoに参加してきます。どんな話が聞けるか今から楽しみです。懇親会にも参加しますので、もしグリプラご覧の方がいらっしゃればお声をかけていただければと思います。ボクも声をかけていこうと思っています。29日の朝に東京に着いて、30日の夜に大阪に帰ってきます。
 4月1日立ち上げ予定のサービスについては別途また報告させていただきますが、MTユーザーのみなさんに利用していただければと思っています。

Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A
アップルコンピュータ (2005/01/22)
売り上げランキング: 325

仕事と趣味の境界線上

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 昨日買った「へんな会社」のつくり方を昨日の夜に読み終えた。読み終えて彼女に薦めてみたらかばんに入れていたので今日の朝から読んでるんじゃないかなあ。『ボク(ら)はこういう風に仕事したいと思っている』と言って渡した。クリエイターのモチベーションを重視する体制はホントにすばらしいと思いました。
 いつも同じ部屋で仕事をしているデザイナーさんたちとランチミーティングしてきた。ボクたちから見ていて問題だと思われる点を上げて、どうしていけばいいかを話し合った。改善点の提案という形で会社に伝えていこうと思っています。
 仕事の合間にSubversionを試しています。入門書の通りにやってみただけなのでまだまだですが、それでもこれはかなり便利。何にせよソースを編集するときに面倒なのは編集前のバージョンをどう管理していくかということで、Subversionはそれをすべて解決してくれます。もういちいち、編集前にファイルをコピーして日付入りのファイル名でバックアップしてから作業にかかる必要がなくなりました(本格導入してないのでまだそういうわけにいかないのですが)。
 去年の秋の無職期間にMTのプラグインを作る勉強をしていたのですが、最近一緒に仕事をしている方がさくっとプラグイン作ってしまうので、負けていられない! とまたプラグイン作成熱が出てきています。Subversionを使ってちまちまPerlのコードを書いていこうと思います。

MTBlogPingsの改造

 MT3.2にしてからトラックバック総数の表示がおかしかったようだということをこの前書いたところだったのですが、プラグインを改造することで解決しました。
 トラックバック総数(MTBlogPings)で書いたように、トラックバック総数の表示にはDavid Raynes氏のMTBlogPingsを使っていたのですが、今回はそのプラグインを書き換えることにしました。参考にしたのは、MT3.2付属のCMS.pmです。以下はその方法です。

  • MTBlogPingsからダウンロードしてきたpings.plを開きます。
  • 46行目のmy $count = MT::TBPing->count (\%terms);をコメントアウト(行頭に#を付ける)
  • コメントアウトした次の行に以下を追加。
my $count = MT::TBPing->count({ blog_id => $blog_id,
 junk_status => [ 0, 1 ] },{ 'range_incl' => { 'junk_status' => 1 }});
  • 書き換えたpings.plをプラグインディレクトリにアップロード。これで<MTBlogPingCount>タグが迷惑トラックバックを除いたトラックバック総数を出力してくれます。

 にしても、コメント総数を表示するのは簡単なのにトラックバックで同じことをするのはどうしてこんなに手間なんでしょう。次のバージョンアップでは是非システムに組み込んでくださいね>Six Apart様

トラックバック総数(MTBlogPings)

 Movable Typeのテンプレートをカスタマイズしていて気がついたのですが、トラックバックの総数が『迷惑トラックバック』も含めた数になってしまっています。『迷惑トラックバック』というのは3.2からの機能ですから、おそらく3.2にバージョンアップしたときから間違った数が表示され続けていたのでしょう。まったく気がつきませんでした。
 トラックバックの総数を表示するのは、コメントのそれを表示するのとは違ってプラグインで実現せねばなりません。MTにその機能(タグ)が用意されていないからです。David Raynes氏のMTBlogPingsを使ってその機能を実現しているわけですが、このプラグインの最終更新日はなんと2003年6月9日です。このプラグインが3.2に対応する気配もないので、新しいプラグインを誰かが(ボクが?)作るか、あるいはMTがその機能を備えるようになるのを待つしかありません。コメントとトラックバックには似たような機能が搭載されているのにもかかわらず、いくつかトラックバック側に欠けているものがあったりします。
 先日発売された月刊アスキー2006年2月号にこのブログのスクリーンショット(と説明文)が掲載されたのですが、そうやって見てみるとどうも気に入らないところが目に付いたので一昨日あたりからまたちょこちょこ弄っています。
 テレビでは新幹線に爆弾を仕掛けた高倉健主演の映画をやっています。突っ込みどころ満載です。

新幹線大爆破
新幹線大爆破
posted with amazlet on 06.01.21
東映 (2002/07/21)
売り上げランキング: 1,542

Markdown Again

 以前、一度だけMarkdownというツールについて書いたことがあります。一定の法則に則って書かれたテキストをHTMLに変換するというツールで、プラグインをインストールすればMovable Typeでも利用できます。
 最近また少し興味を持って調べていたのですが、PHP Markdownという形で機能が拡張されているようです。しかしMovable Typeのプラグインはperlで書かれていなければなりません(否ダイナミック・パブリッシング)。このPHP Markdownで拡張された機能を再びperlに戻す(バックポート)作業をしている人を見つけました。その開発版プラグインを公開されていたのでさっそく導入。

 Backport for perl of “PHP Markdown Extra”

 しかしまあ、正直言って日頃からタグを駆使してエントリーを書いているわけでもないので(リンクはるくらい)そんなに使い道もないような気もするのですが、使ってみたいのは単に書式がクールだと思ったからです。

  • りんご
  • みかん
  • バナナ

 このようなリストを表示しようとおもえば、

<ul>
<li>りんご</li>
<li>みかん</li>
<li>バナナ</li>
</ul>

 とHTMLで書く必要がありました。しかしMarkdownでは、

- りんご  
- みかん
- バナナ

 と書くだけで良いのです。クールじゃないですか?
 書式は他にもたくさんあります。

 Markdown記法

 また、HTMLタグも使うことも出来ますし、他にも “<” や “>” を “&lt;” や “&gt;” に変換してくれたりもします。コードを書くときに役立ちそうですね。

MTIfPingsModerated plugin

 Movable Typeではコメントが承認制であるか否かによってその中身の表示・非表示を MTIfCommentsModerated というタグを使って指定できます。同様のことがトラックバックの文脈において出来ないものかと思ってプラグインを作ってみました。ほとんどMTのコードを持ってきただけなのですが、公開してみます。

 IfPingsModerated.zip

1.0 (2005.11.06):
  • とりあえず公開。

 インストール方法はIfPingsModerated.plファイルをPluginディレクトリにコピーするだけです。
 ブログの設定でトラックバックを承認制にしている(事前確認にチェックを入れている)場合は<MTIfPingsModerated>と</MTIfPingsModerated>で挟まれた部分が表示され、承認制でない場合は表示されません。
 たったそれだけのプラグインですが、ボクはトラックバックが承認制であるかどうかの表示に使っています。コメントが承認制であるかどうかを明示するのに同様のタグが最初からあるのにトラックバックにそれがあっていけない理由はないでしょう。
 またいろいろとご指摘お願いします。

 英語による説明はこちら

BanPing2OldEntry Plugin

 Movable Type 3.2のJunk Filter APIという拙エントリーで興味を示していたMovable Type 3.2のJunk Filter APIなのですが、なんとなくプラグインを作ってみました。
 あまり需要がないかも知れないのですが、ある一定の日数以前のエントリーへのトラックバックを防止する、Movable Type 3.2用のJunk Filter Pluginです。
 Date::CalcとTime::localtimeを使用しています。

 BanPing2OldEntry.zip

1.0 (2005.10.22):

  • とりあえず公開。

1.1 (2005.10.23):

  • 最適化。(thanks (o)!)

1.2 (2005.10.24):

  • Junk/Moderateを選べる機能を追加。(thanks (o)!)

 インストール方法はBanPing2OldEntry.plファイルをPluginディレクトリにコピーするだけです。プラグインの設定画面から任意の日数を設定し(デフォルトでは30日)、Junk/Moderateを指定すれば、該当するトラックバックがそのように処理されます。

Movable Type 3.2のJunk Filter API

 一時期は落ち着いていたのですが、最近またスパムコメントがよく来るようになりました。
 Movable Type 3.2ではフィードバック(コメントとトラックバックのこと)受信時にそのスパム度を判定する仕組みが備わっていて、たとえば『送信元のIPアドレス/ドメインがブラックリストに含まれている場合』とか『受け付けた内容に、指定した数を超えるリンクが含まれている場合』とか『受け付けた内容に、指定したキーワードが含まれている場合』とかによってフィードバック毎にスパム度を判定して、ある一定の数値に達したものを迷惑コメント・トラックバックとしてジャンクフォルダに直行させることができます。この『何々だった場合』という部分をプラグインによって拡張できるのがJunk Filter APIです。大筋は合ってますよね?
 これはなかなかおもしろそうです。とりあえずボクが使わせてもらっているのが、Ogawa::Memorandaの(o)さん作によるDuplicated TBPing Lookup Pluginと、blog.bulknews.netのmiyagawaさん作によるMT BanASCIIです。前者はその名の通り『同一ソースURLから同一エントリーへの重複トラックバック』をスパムとみなすもの、後者は『英数字または latin-1 だけで構成された』コメント・トラックバックをスパムとみなすものです。これら両プラグインと3.2標準のSPAMLOOKUPとでほぼ完璧にスパムフィードバックを捕捉することが出来ています。
 このJunk Filter APIを利用したプラグインでは他に、『TrackBack の送信元に、TrackBack先へのリンクが含まれて』いないトラックバックをスパムと見なすTBPingLinkLookupがありますが、そこまでトラックバック元を限定しなくてもいいやとボクは思うので利用していません。何か問題が出てくれば考え直すかも知れませんが……。
 そんなわけで、他にどんな判定基準が考えられるかなあと思いを巡らせたりしています。
 また、前出のmiyagawaさんによるBulkfeeds: SPAM ブラックリストの公開、Submission API と MT プラグインもスパム対策にとって興味深い内容となっています。
 上記で『スパムとみなす』と書いたのは、それらのフィードバックが一般的にスパムに該当するからであって、もちろん設定如何によってそれらを『スパムとみなさない』ようにすることも出来ます。がしかし、わざわざブラックリストに含まれているコメントやトラックバックを好んで掲載しようとする必然性もないですよね。

Movable Type 3.2日本語版 Release-2

 Movable Type 3.2日本語版 Release-2がリリースされていました。今回の修正はボクの環境には特に影響しないものばかりだったのですが、今後のことも考えて更新しました(今後のカスタマイズ如何によっては影響を受けることもあるかもしれません)。
 いつも通り、直前のバージョン(Version 3.2-ja)との差分を取り変更分だけ更新しました。
 差分は以下の通りです。

Happy birthday MT!

 10月8日がMovable Typeの誕生日だったそうです。Movable Typeがリリースされて4年ということで、ということは2001年10月8日にリリースされたということになります。ボクは2002年6月8日からMovable Typeを使ってグリプラ(greenplastic.net)をはじめているので、リリースからちょうど8ヶ月後から使い始めていることになります。
 Movable Typeには偶然出会いました。
 以前に日記を掲載するホームページをHTMLでせこせこと作っていたのですが、海外のとあるロックバンドのファンサイトのニュースページを見ていると、どうもバックグラウンドで何かしらのプログラムが動いてるっぽいと感じたのです。何かしらコンテンツを管理するようなシステムが。
 ちょうど、日記と掲示板が別コンテンツになっていることに不満を感じていて、日々の日記それぞれにコメントを付けられるようなシステムはないものかと試行錯誤していたところだったのと(掲示板を改造して日記ぽいことをしていたのだけど満足できなかった)、また当時の百式を見ていてカレンダーを付けたいなと思ったことを覚えています(今はMovable Typeを使われてますが)。
 前述の海外のファンサイトの影響でそのようなコンテンツを整理するシステムが存在するのだと漠然と感じて探してみたところ、いくつか類似のものに行き当たったのですが、その中でもMovable Typeの評価が高かったように記憶しています。当時はもちろん英語版しかありませんでしたが、日本語を使う上で特に問題はないようだったので使い始めたのでした(日本語化パッチもその後平田さんみらのさんが作ってくれました)。
 あれから3年数ヶ月が経ちブログは爆発的にその数を増やし、その中でMovable Typeはある種牽引役を担ってきたと思います。そのようなウェブログ・システムに比較的初期の段階で出会えたことはラッキーだったと思っています。

AcceptCommentsPings Plugin

 Movable Typeを使ってかれこれ3年以上になりますが、このたびはじめてプラグインを作ってみました。最近はプログラムの勉強をしているのですが、とりあえずその成果を形に出来たので喜んでいます。といってもやっと動くようになったところなのですが。
 とてもシンプルなプラグインでして、MT3.2のエントリー一覧のページから選択した複数のエントリーのコメントとトラックバックをon/off出来るというものです。あまり需要がないかもしれませんが、ボクの場合、途中からコメントを受け付ける設定にしたブログがありまして、ある時期から過去のエントリーについてコメントを受け付けるようにしたかったので作ったのでした。
 どれほどの需要があるのかわかりませんが、とりあえず公開してみます。

 AcceptCommentsPings.zip

1.0 (2005.09.28):
  • とりあえず公開。
1.1 (2005.09.28):
  • 最適化。(thanks (o)!)
1.2 (2005.09.28):
  • コメントとトラックバックを同時にon/off出来る機能を追加。(thanks みらの!)
1.3 (2005.09.30):
  • 英語のドキュメントを作成。
1.4 (2005.10.04):
  • 最適化。

 プログラム素人が作ったはじめてのプラグインですのでご教授ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 英語による説明はこちら